お局さんに嫌われるタイプとは?職場のお局さんの言い方がきつい、細かすぎる所がめんどくさい、辞めさせるように仕向けるお局さんを黙らせる方法


どんな職場に一人はいそうな「お局様」

お局様は単に「職場にいる女性の先輩」というわけではなく、なぜか圧を感じる存在です。

最近は、結婚してもそのまま働き続ける女性は多いです。

お局さんが独身ばかりというわけではなく、
30代40代になってから再就職、
再度長く働き続ける女性も増えているので、勤務歴10年以上というベテランが多いんですね。

気に入られていたり、可愛がられると、心強い存在となりますが、
嫌われてしまうと、職場にいるのも辛い・・・

お局さんのことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

特定の人に嫌味を言ったり、理不尽な対応をすることがあり、
ターゲットにされた人はいじめを受けているような気分になります。




お局様に嫌われる性格、タイプ

お局様は誰にでも攻撃するわけでなく、ターゲットを見つけ標的にします。
お局様に狙われやすい性格やタイプの人は次のような特徴があります。

お局様に反抗的な態度、単純にお局さんと性格が合わない人

性格が合わない人、反抗的な態度を見せる人は一気に嫌われます。

仕事を教えてもらってるのに、ありがとうございますを言わない。

いきなりタメ口、長年働いている人に尊敬の念がない。

というのも可愛がられることはありません。

しかし、理不尽な理由で冷たくされることもあるのが

上下関係ですね。

職場で古参であるお局様にとって、若くてかわいい女性は妬ましい存在です。
若いというだけで注目を集めたり、男性上司や同僚の接し方が変わると感じています。

若くてかわいい女性はひがまれやすいのです。

自己主張主張ができない人

自分の意見をはっきり言ったり、積極的な人にはお局様は目をつけません。

理由は嫌がらせをしてもおもしろくないからです。

ブーメランが飛んできそうな人は厄介だと思われるんですね。

反対におどおどしたり、気を使っている人に難癖をつけ、

自分に振り回されている様子を楽しんでいるのです。

仕事ができる年下の女性

お局様は仕事ができる同僚や、上司をターゲットにはしません。

それは自分の方が劣っている、格下の存在であると理解しているからです。

しかしそれが年下の女性であると、仕事ができ評価されていることが許せないと感じ、

生意気、出しゃばりだととらえます。

お局様が嫌がらせをしてしまう心理

お局様は職場での歴が長いわりに、自分に人望がなく仕事の評価が低いことをうすうす感じています。

そして周囲から浮いた存在で、影で何か言われているのではないかと疑心暗鬼になっています。

そういった感情を抑えるため、特定の人に格下だと思い知らせ、自分の存在を優位にしたいと考えています。

長年仕事してきて、新人から舐められたくないという思いもあるのだと思います。
お局さんは、社会で長く働いているので、メンタルが強い人が多いです。

渡る世間は鬼ばかりの世の中で、強くないと生き抜けないので、
それなりに精神が強く図太いんですよね。

ターゲットに嫌がらせをすることで、無意識に心のバランスを保っているのではないでしょうか。

お局に負けない方法、お局様とうまくやっていくための対処法、相手にしない

お局様とうまくやっていくには、気を使い好かれようとすることが正解だと思われがちです。

しかし顔色を伺い、機嫌をとることはお局様の思う壺であり、
いいように使われサンドバックとなりかねません。

だからといっておだてて、ゴマをすることも毎日となれば負担になります。

一番いい対処法は、お局様のターゲットにならないことです。

標的になったとしてもある程度の距離をもち、お局様に無関心になることが効果的といえます。
なにか嫌なことを言われても、感情的にならずいわゆる「塩対応」で接してみましょう。

お局様にとって自分の攻撃が効かないことはつまらなく、張り合いがありません。

事務的に接し、「ただの仕事上の相手」だと認識させれば、
上辺だけのつきあいが可能となります。

気に入られようとすることだけが、うまい対処法とはいえないのです。

仕事で疲れ、さらにお局様の嫌がらせでメンタルまで削られるのは大変つらいものです。

嫌われるのは私が悪いのでは?自分に問題があるのでは?と悩むより

「あの人はああいう人なんだ」と開き直るのは悪いことではありません。

誰にでも欠点はありますが、理不尽な扱いを受ける必要はないのです。

不機嫌を表に出す人、職場で機嫌が悪い態度に出す心理とは、不機嫌を表に出す人めんどくさい、上司の機嫌取り疲れた・・・自分にだけ機嫌が悪い先輩がいるとへこむ








Translate »
テキストのコピーはできません。