悪口を言われたら勝ち?言う人は負け?すぐに愚痴を言う人の対処法




職場や学校などで
すぐに気に入らないことがあると
隣の親しい人などに文句を言う人や
本人にわかるようなしぐさで悪く言う人がいます。

こうした人がいると不愉快ですよね。

悪口を言われたら勝ちか?

悪口を言われたら勝ちかどうかは、勝ちの定義によって異なります。

もし、勝ちを「相手よりも優位に立つこと」と定義するのであれば、悪口を言われた側が勝ちであると言えます。

なぜなら、悪口を言う側は、相手を貶めるために悪口を言うわけですが、その悪口が相手に届いてなければ、相手を貶めることはできません。

つまり、悪口を言われた側は、相手を気にしない、あるいは、
相手を気にしないふりができる、という点で、相手よりも優位に立っていると言えます。

ただし、悪口を言われた側が、悪口に傷ついたり、悩んだりしてしまった場合は、勝ちとは言えません。

悪口を言われたことによって、自分の自信を失ったり、
人間関係に支障をきたしたりしてしまう場合は、むしろ負けであると言えます。

悪口を言われたら勝ちかどうかは、その結果によって決まると言えます。

悪口を言う人の対処法

悪口を気にしない

悪口は、相手が自分のことをどう思っているか、ということを表すものではありません。あくまでも、相手が自分のことをどう見せたいか、ということを表すものです。

そのため、悪口を気にするのではなく、相手が何を言おうと、自分の道を進み続けることが大切です。

悪口を分析する

悪口には、必ず根拠があります。その根拠を分析することで、
自分の欠点や改善点を見つけることができます。悪口をチャンスと捉え、自分の成長につなげましょう。

悪口といっても、言われる内容にもよりますよね。
例えば、人の病気やアレルギーのことなど、人の身長だったり、体系や、顔のことだったりすることなら、
言ってる側がひどいですよね。

差別的なことを言うならそれは言ってる側がおかしいということになります。

悪口を笑い飛ばす

悪口は、相手が自分のことをどう思っているか、ということを表すものです。

相手が自分のことを気にしているからこそ、悪口を言うわけです。

そのため、悪口を笑い飛ばすことで、相手を無視することができます。

悪口を言う人への対処法

悪口を言う人から距離を置く

* 悪口を言う人との関わりを減らす
* 悪口を言う人がいる場を避ける
* 悪口を言う人とは関わらない

悪口を真に受けない

悪口を言う人は、相手を傷つけたり、貶めたりするために悪口を言っています。そのため、その言葉を真に受ける必要はありません。以下のような考え方を持つことで、悪口を真に受けないようにすることができます。

* 「その人は、自分の価値観や考え方を持っているだけだ」
* 「その人は、自分の不安や不満を悪口で発散しているだけだ」
* 「その人の悪口は、私の価値を下げない」

案外、その人自身が他人からあまり好かれていない、
信用されているような人物ではないからこそ、ストレス発散のため、または八つ当たりのために
言っているだけなのかな・・・と思います。

まともな人や人間性が高い人なら、あの人悪口を言う人だよね、そこがあの人の最大の欠点なんだよね、と周りから思われるほうが嫌ですから。
そうゆう人は、基本的に人から信用されないし、好かれません。

そうゆう人を人に紹介したい人もあまりいないので、合コンや飲み会のメンバーにもあの人誘おうかともなりませんし、人間性が悪いと、あらゆる場所で損をします。

悪口を言う人というのは、基本的には特定の人のことだけでなく、いろいろな人のことを悪く言います。
テレビを見てもSNSを見ても、目の前の人に対しても、今日食べたお菓子についても。
でも、どうせ、だって、いや、などのネガティブな口癖になっている人が多いです。

面倒な人だし、合わせておくだけにしよう、と一線心では置かれています。

悪口を言う人に直接伝える

悪口を言う人が、自分の悪口を言うことに気づいていない可能性もあります。そのため、悪口を言う人に直接伝えることで、悪口を言うことをやめてもらうことができます。

* 「その悪口は、私を傷つけるよ」
* 「悪口を言うのをやめてほしい」
あなたって人間性悪いよね。それがあなたの悪いところだと思いますよ。
これが言えたら最強です。一番の撃退法はコレです。

悪口を言う人に対処することが難しい場合は、第三者に相談することも一つの方法です。




Translate »
テキストのコピーはできません。