スポンサーリンク



人間関係

同窓会来ない人の特徴、同窓会二度と行かない?行く人行かない人の割合、同窓会来て欲しい人来ないもの?

学生時代。

卒業してから随分と時間が経つと、懐かしいものです。

卒業して数年間は、そこまで実感がないものですが、

よく考えたら卒業すれば、もう会うこともないんだなと実感します。

偶然道でばったり会えたとしても、
共通点はなくて。

学校が同じ。

ってある意味、奇跡的なことだったんだなと思う。

数年経ち、同窓会のはがきが届く。

会いたい人がいれば会いに行きたい。

でも、行きたくない人は強制でもないので
行くこともないのが同窓会。

同窓会には行かない、行きたくないと思う人もいる。

その理由は、さまざまです。

東京や大阪、地元から出て、遠いので特に行く用事もない。
行く気が起きない場合。

また、会いたいとまで思う人がいない時。

今いっても、集団の中浮いてしまうかも。
という思い。

既婚、独身の違い。

仲良かった友人が来ない。

などなど。

いろいろな理由がありますね。

親しかったあの人と会いたいなと思っても、来ていなかったりする。

そもそも連絡先も知らない。

疎遠になっているから会いたいな。

会いたいと思う人ほど、そうした同窓会のイベントには参加しない人もいる。

また会いたいな、再会したいなと思う人ほど来ないのは

何故だろう。

そもそも成功した人は来ない。賢い人は行かない説もあります。

確かに、圧倒的に成功した人なら、話題が一般の人とは違うようになってしまうこともあるのだと思います。

同窓会後日、はがきが届き、集合写真を見ましたが、

男性はとても多く、女性はすごく少ない割合でした。

クラスで目立つ人気者タイプの優等生女性も来ていなかったので、

それぞれ行かない事情はあるのだと思いました。

20歳前後では、人生に差はあまりないように感じる。

結婚が早いか、恋人がいる時期が早いか、そのくらいで、

20歳前後なら、人生にそこまで格差もなく。

結婚が早い人は子供が生まれたりして、良い報告をみんなにしているくらいだ。

しかし、それから5年10年も経てば、どんどんと格差みたいなものは

出てくる。

結婚して仕事も順調な人もいれば、

離婚して、シングルマザーになる人。

会社が順調ではない人。

転職した人。

独身貴族の人。

両親の介護が必要な人。

もっと時間が経てば、本人が健康ではない状態になる場合もある。

人生がうまくいってるように思えない。

そんな格差が出てくる時、人はあまり同級生には会いたいと思わなくなる。

好きだった人。

初恋の人。

恋心を持っていた人に会いたい。

そんな気持ちがあり、参加する人もいる。

ただ、片思いで振られてしまい、別に会いたくもない場合もある。

同窓会に行くのも自由。

行かないのも自由。

強制参加ではないので、

絶対に行かなきゃならないこともない。

はがきが届いたら出席か欠席かに〇をつけて送ればいいだけ

わたしの学校時代の同窓会も、

学校の人全員参加の場合もあれば
親しいグループだけの個別同窓会もあったりする。

親しいグループだけであれば、迷わず行きたいと考える。

ただ、それも年々、みんなさまざまな事情で行かなくなる人もいる。

人生はいろいろ。

人は変わっていく。

その時、その時で好きな人、気が合う人と過ごせればそれでいい。


スポンサーリンク




-人間関係

© 2023 サンシャインライフ