人と会うと楽しいけど疲れる・・・寝込む人もいる?




人と会うと楽しいけど疲れるというのは、よくあることです。

人と会うときは、相手の気持ちや空気を察したり、自分の言動に気を遣ったりして、
緊張やストレスを感じやすくなります。その結果、肉体的にも精神的にも
疲れを感じてしまうことがあります。

相手の表情や声色、話の内容など、さまざまな情報を処理する
必要があります。

その情報量が多いほど、脳への負担が大きくなり、疲れを感じやすくなります。

人と会うことに不安や恐怖を感じている人もいます。

そのような人は、人と会う前から緊張状態にあり、
会話中も常に警戒心を張っているため、疲れを感じやすい傾向があります。

人に気を遣いすぎると、すごく疲れてしまいますね。
また、人からどう思われるのか気にしすぎてしまうと、かなり疲れます。

あまり気を遣わなくても過ごせる相手なら、そこまで長時間いても疲れることはありませんが、
気心が許せる仲ではなかったり、普段会うこともない関係の人なら、
精神的に疲れてしまい、帰った後だるくなり、どっと疲れ寝込んでしまう人もいますね。

あまりに疲れると、翌日にも疲れは取れず、寝込んだままの人もいるかもしれないです。

人と会うときは、自分のペースで過ごすようにしましょう。相手の話に無理に耳を傾けたり、自分の意見を押し付けたりするのは、疲れの原因になります。
疲れた後は、温かいお風呂に入る
好きな音楽を聴いてリラックスする
また、海や山などに行ってエネルギーをチャージすることも大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。