詮索する人が気持ち悪いと思う心理、聞かれたくない時のかわし方

人とのコミュケーションは会話から始まります。

しかし、会話をする中で、あまり聞かれたくないようなこともありますね。

詮索する人は、自分の興味のあることを知りたい、
この人のことをもっと知りたい、
仲良くなりたい。
どんな人なのか知りたい、という気持ちで聞いてくるものです。

話しやすいと思われると、いろいろと聞いてくる人もいますよね。
ただ、質問される話題がプライベートなことばかり。
あまり聞かれたくない質問だらけ。
しかも、言ったことはすべて職場の人に伝わるような場所だと
なんとなく言いにくいこともありますね。

例えば、相手から「彼氏いるの?」と聞かれたら、「あなたは?」と聞き返すことができます。
相手も自分のことを聞かれたら、自分のことを話すことに夢中になり、詮索するのをやめてくれるでしょう。

詮索をかわすためには、話題を変えることが効果的です。
例えば、相手から「最近どう?」と聞かれたら、
「最近、新しい趣味を始めたの」と話題を変えることができます。

話題を変えるときは、相手が興味を持ちそうな話題を選ぶとよいでしょう。ま
た、あくまでも自然に話題を変えることが大切です。

詮索がひどい場合は、はっきりと断ることも必要です。

「それはプライベートなことなので、答えられない」と断ることもできます。

相手もこれは聞かれたくないだろうなと察してくれる人なら、
そう聞いてくることもありません。

断るときは、感情的にならず、冷静に伝えることが大切です。
また、相手を傷つけないように配慮することも忘れないようにしましょう。

「あなたは?」
「そういえば、○○の話してたね」
「それで思い出したんだけど、○○はどうしてる?」
「好きなものは?」
「お手洗いに行ってきます」

また、詮索されたくないときは、最初から必要以上に関わらないようにすることも大切です。
挨拶や会話など、必要最低限のやりとりにとどめ、なるべく近寄らないことを意識しましょう。

詮索される状況は、誰にでも起こり得るものです。よく質問をする人だなと思ったら、
適度に距離を置くことが大事です。






Translate »
テキストのコピーはできません。