本ページにはプロポーションが含まれています

恋愛でも人を傷つけたら自分に返ってくる、裏切りの因果応報の実話、

シェアする





人から裏切られたり、辛い思いをさせられたら
本当に悲しいですよね。

故意に傷つけられた時。

相手だけが幸せそうで、自分だけが苦しいなんて
許せない。

辛い。

と心底泣きたくなるものです。

ただし、この世界には因果応報の力が働いているので、

タイムラグを経て、

人にしたことは自分の元へ返ってくる日がそのうち来ます。




目次

自分を苦しめた人が本気で許せない、あなたを傷つけた人に下る因果応報、人に意地悪すると自分に返ってくる、勝手に自滅する人、人を傷つけた人は幸せになれない、裏切りは返ってくる自分を苦しめた人が一時的に幸せそうに見えたとしても人を傷つけた代償はいつか訪れる

いじめや不倫、浮気など。

人としてしてはいけないことってたくさんありますよね。

また、相手を利用するだけ利用して、

裏切る行為など。

ただ、自分からなにか仕返しをしたり卑怯な手を使って

相手に嫌なことをするのは良くありません。

人を呪わば穴二つです。

仕返しをするなら、言葉で相手に伝えることです。

なにか卑怯な手段を使うと、自分まで不幸になってしまいます。

スピリチュアルな観点では、肉体が消えても魂は生き続けることになるので、

したことは返ることが来世にも持ち越しになるのですね。

良いことも悪いことも、来世まで持ち越しされたり、自分の子供に返ってくることもあります。

運気が良くなる行動としては、陰徳を積むこと。

陰徳は、人に見られていないけれど、良いことをすることです。

例えば、ごみを拾う、人にありがとうと言われなくても、ありがとうと思われる行動をすること。そうしたことをしていると、応援される人になれます。

人を苦しめた人の末路スピリチュアル、因果応報なんてない?嘘?人を傷つける人はバチがあたる?因果応報は必ずある?天罰は時間差で忘れた頃に・・・人の人生を壊した人には因果応報が起きる

人を裏切ったり、傷つけるいじめなどをしていれば、いつかは本人に

別の形で返ります。

いじめ加害者が幸せに生きている、結婚して普通に大企業に勤めて幸せそうに見えるけど・・・

って思う人もいるかもしれませんが、撒いた種はいつか刈り取るです。

小学生や中学生の頃でも、人を苦しめて、いじめていた人に何も悪いことが起きないわけがないです。

30年以上経ってから、自分のしたことがそのまま別の形で返ってきた人を知っています。

例えば、若い頃にたくさんの女性と遊んできた男性は、自分自身の娘が出来た時に

自分の娘が他の男性から弄ばれる、といったことです。

人の気持ちを弄ぶ人は、最悪です。

もてる男の作り方 -恋愛スキル「ゼロ」からストレスなく脱出し、もてる男になる方法-

人を裏切って自分だけ幸せにはなれない、女性を傷つけた報い人を傷つけてのうのうと生きてる人がいる?元彼に地獄に落ちてほしい、人を傷つけて得た幸せは続かない、人の人生を壊した人因果応報

自分が楽しむためだけに
人を傷つけるいじめなども
必ず天罰が訪れます。

恋愛でも、同じことが起こります。

大事にしてくれていた人を裏切り浮気をしていたり、

他に好きな人ができた、と

去ったりしている場合、

いずれは他の交際相手から、二股をかけられたり、好きな人ができた。
と言われて振られることもあるのです。

元彼を思い出すと腹立つ!フェードアウト男への仕返しをしたい、元彼への恨みが消えない元カレに不幸になってほしいと願ってしまう、クズ男を後悔させるには

本気だったのに実は遊ばれていただけ・・・

独身だと言っていたけど、実は既婚者だった・・・

実は彼女持ちなのに、本命だと言われていた・・・

不幸になってほしいと思わせる別れは、かなりひどいことをされた証拠。

心を弄ばれたら、誰だって傷つきますよね。

よくわからない理由で振られたり、常時浮気されていたり嘘をつかれていたら、ショックとともに怒りを感じます。

また、知らないうちに自然消滅で消えた男など、最低な別れ方をする人も稀にいますよね。

別れ話も言えずにフェードアウトって情けない人です。

嘘つきの男性と付き合っていたら、別れた後も恨みますよね。

裏切りは最低です。

そんな元カレもいつかは因果の法則が働きます。

自分がなにかしなくても、そのうち時間差でしたことは本人に必ず返るものです。

何故だか恋愛が長続きしない。

良い相手に出会えない。

など、どうしてなのかわからないくらい、人生がうまくいかなくなるのは
因果応報の力が働くからです。

最近、運が悪いんだよなぁ

なんかうまくいかないことが多いと感じる時は、

過去に誰かを傷つけていないか?

振り返ってみると、誰かを傷つけていたりします。

自分を傷つけた人が許せない、どうしても許せない人がいる、苦しい時、自分を傷つけた人を許すなんて無理・・・許せないことは許さなくていい

人は、自分がされたことは結構覚えているものですが、

他人にしたこと、傷つけた言葉は自分が痛い思いをしていないので

忘れちゃってたりするものです。

自分を傷つけた人が許せない。

誰もがそんな苦しみを抱えていたりするものですよね。

この世は理不尽なこともある。

小学生の時に、無意味にいじめを受けたり、嫌なことを言われたり、

叩かれたり蹴られたり、といったことがあれば許せないと思うのは当たり前です。

学生の頃に、ひどい言葉を言われたり、靴を隠される、

といった誰が犯人なのかもわからない

地味な嫌がらせを受けた人もいる。

そんな人のことは許さなくてもいいです。

ただ、自分の心の中の恨み憎しみ感情は忘れたほうが得です。

許してはいないけど、日頃は思い出すこともないほうが自分のためです。

嫌なことを思い出した時は、美味しいものを食べたりして気を紛らわすのが良いですね。

小学生の時に、だれかをいじめていた人、不機嫌なことがあって人を蹴ったりしていた

人が、大人になってから本気で好きになった女性からこっぴどく振られて精神的に痛い思いをしたり、結婚を前提に付き合っていたのに浮気をされたりして逃げられる、という出来事も

あります。

どこで人は理不尽な出来事が返ってくるのかはわからないですね。

ただ、いじめをしていた人は、どこかではバチが当たると思います。

因果応報の恐ろしさ、人を傷つけた人は幸せになれない、人を傷つけて生きてきたら・・・人を傷つけた代償、過去があると自己嫌悪と罪悪感とトラウマで後悔する、人を傷つけると自分も傷つく

人を故意に傷つけたり、苦しめることをしていると、

現時点では幸せそうに見えても、
いつかは自分へと返ってくるものなので、
できるだけ、人には良いことをしたほうが良いのです。

良いことをすれば、自分にも良いことが起きる

嫌なことをすれば、自分にも嫌なことが起きる

人を褒めれば、巡り巡って人から好かれたり、

褒められたりする。

しかし、反対に人を批判したり悪い言葉で人を苦しめてばかりいたら、

いつかは、自分も他人から悪く言われることになります。

パワハラで部下を苦しめていた上司が、

数年後には、家庭内で不幸があった。
という事実を知ったことがあります。

人を傷つけると、どこかでは自分が苦しむ羽目になるので

普段から良いことを心がけることにしたほうが賢明ですね。

恋愛は、深く人と関わる関係となりますが、

相手を裏切ることをしていれば、
必ずいつかは天罰が下ります。

自分が仕返しなど考えなくても、
この世界には因果応報の力が働くので、
待っているだけで、人を苦しめた人にはそれなりのことが起きるのです。




シェアする

Translate »