悪口を言う人が人気者に見える?意地悪なのに友達が多いように見えるのはなぜ?




悪口を言う人が人気者になる理由は、
いくつか考えられます。

共感を得られる

悪口は、他人の不幸や失敗を笑いにする行為です。
そのため、悪口を言う人は、
同じように他人の不幸や失敗を笑うことができる人から
共感を得ることができます。

また、悪口を言う人は、
他人の弱みや欠点を理解している人という印象を与えるため、
信頼を得ることができる場合もあります。

結局のところ、類は友を呼ぶとも言われるので、
レベルが低い人や未熟な人が多い場所にいると、
友達が多そうに見える場合もありますね。

ただ、悪口ばかり言う人が人気者に見えても、
決して人間性が良いとも思いませんし、むしろ軽蔑する対象です。
特に、人として尊敬もできないし、そんな人と友達だとしても誇りに思うことはないですね。

その場所から出たら、もう関わりたくないです。

まともな人やいい人が多い集まりにいれば、そうゆう低レベルな人は
おそらく浮いているはずです。

話題を提供しやすい

悪口は、他人の不幸や失敗をネタにしたものであるため、
話題を提供しやすいです。

悪口を言う人は、
周囲から注目されやすく、人気者になる可能性があります。

自分の存在をアピールしやすい

悪口は、他人の不幸や失敗をネタにしたものであるため、
自分の存在をアピールしやすいです。

悪口を言う人は、自分の存在を周囲に認めてもらいたい人や
注目されたい人から人気者になる可能性があります。

ただし、悪口を言う人は、他人を傷つける行為をしているという点に注意が必要です。

正直、たいした学びもせずに、今日明日で話題を提供できる内容は
誰かのあらさがしです。
しかし、こうした話題は、まともな人は嫌がります。

性格の良い人は近寄ってこなくなりますね。

また、悪口を言うことで、自分自身もネガティブな感情を
溜め込みやすくなる可能性があります。
そのため、悪口を言うことは、できるだけ控えた方がよいでしょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。