モラハラ男性は治らない?





モラハラは、加害者が被害者に対して、
言葉や態度によって精神的な苦痛を与える行為です。

被害者の心身に大きなダメージを与える可能性があります。

モラハラが治らないと言われている理由

モラハラ加害者は、自己肯定感が低く、常に不安や劣等感を抱えています。

その不安や劣等感を解消するために、自分よりも弱い立場の相手を支配することで、
優越感を味わおうとします。

モラハラを自分の問題であると認識できず、改善する意欲が持てません。

モラハラ加害者は、被害者を支配することで、自分を保とうとします。

そのため、被害者から離れることを恐れ、改善のために努力することを避けようとします。

モラハラは、簡単に治るものではありません。

モラハラを改善するためには、加害者が自分の問題を認識し、
改善のために継続的に努力する必要があります。

しかし、実際には、モラハラを改善して関係を修復できたケースは、ごくわずかです。

モラハラを受けている場合、まずは自分の身を守ることが最優先です。

加害者から離れるなどの方法で、安全を確保しましょう。




Translate »