姫女子あるある、男性が女性を「姫」と呼ぶ心理

1. 愛情表現
男性が好きな女性を「姫」と呼ぶ場合、
愛情表現として使っている可能性が高いです。

女性を特別な存在として大切にしたい
女性を自分だけのものにしたい
女性を愛おしく、守りたい

という気持ちから、「姫」という尊称で呼ぶのです。

2. 庇護欲

男性は、女性を「姫」と呼ぶことで、
自分の庇護欲を満たそうとしている場合もあります。

女性を弱い存在として見ている
女性を守ってあげたい
女性に頼りにされたい

という気持ちから、「姫」という呼び方で、女性を守りたいという気持ちを表現しているのです。

3. 単なるあだ名
男性によっては、特別な意味もなく、
単なるあだ名として「姫」と呼ぶ場合もあります。

男性が女性を「姫」と呼ぶ理由は、
愛情表現、庇護欲、単なるあだ名など、様々です。

姫女子あるある

男友達に「彼氏いないの?」と聞かれると、「いないけど、王子様待ってるからね!」と返す。
好きな人には積極的にアプローチするが、告白は絶対にしない。
悪口や陰口は絶対に言わない。常にポジティブで優しい。
周りの男友達を「騎士」と呼び、困っていることがあれば助けを求める。
女子同士のグループでも、自然とリーダーポジションになる。
男子の前で弱音を吐くことは絶対にしない。常に完璧な姿を見せようとする。
恋愛はドラマのようにロマンチックなものだと信じている。
理想の相手は、優しく頼りがいのある王子様タイプ。
デートプランは彼氏に任せるが、自分の好みはしっかり伝える。
プレゼントは高価なものよりも、気持ちがこもったものが嬉しい。
ケンカしても、すぐに仲直りできる。
結婚は、白馬に乗った王子様からお姫様抱っこで迎えに来てもらうのが夢。

ファッション・美容

服装は、常に可愛らしく女性らしいものを選ぶ。
ピンクや白など、パステルカラーを好む。
髪の毛はロングヘアで、ふわふわに巻いていることが多い。
メイクはナチュラルで、清楚な印象を心がける。
香水は、甘い香りを選ぶことが多い。
爪は常に綺麗にしていて、ネイルアートも欠かせない。
ダイエットは常に意識しているが、無理はしない。
美容院には定期的に通い、髪型やメイクのアドバイスを受ける。
流行よりも、自分に似合うものを選ぶ。

生活習慣

朝は早起きして、朝食をしっかり食べる。
運動は、ヨガやピラティスなど、優雅なものが好き。
読書や音楽鑑賞など、インドア派の趣味が多い。
カフェや雑貨店など、可愛い雰囲気が好きな場所によく行く。
旅行は、ヨーロッパなどのロマンチックな場所が好き。
動物が好きで、特に猫を飼っていることが多い。
夢や目標に向かって、努力を惜しまない。
周りの人に優しく、常に感謝の気持ちを持つ。
自分磨きを怠らない。

自分のことを「私」ではなく、「姫」と呼ぶこともある。
好きなキャラクターは、お姫様系が多い。
ディズニーランドが大好き。
メルヘンチックな世界観に憧れる。
ロマンチックな映画やドラマが好き。
幸せな家庭を築くことが夢。






Translate »
テキストのコピーはできません。