意地悪なママ友に因果応報はある?




ママ友関係は、子ども同士の付き合いを通して、自然と形成されることが多いものです。

そのため、ママ友同士の付き合いには、どうしても子どものことが入り込んできます。

子どもの成績や習い事、服装など、子どもに関する話題は、
ママ友同士の比較や競争心をあおるきっかけになりやすいものです。

また、ママ友同士の価値観や考え方の違いも、意地悪に発展する原因となることがあります。

意地悪なママ友に遭遇してしまった場合、まずはそのママ友の行動を客観的に捉えることが大切です。

そのママ友は、なぜそのような行動をとっているのか、その背景や原因を考えてみましょう。

もし、そのママ友が自分の子どもの成績や習い事などを気にして、
嫉妬や不安から意地悪をしているのであれば、そのママ友の気持ちを理解し、
共感を示すこともできるかもしれません。

しかし、そのママ友が単に自己中心的な性格で、
他人を思いやる気持ちがないのであれば、距離を置くことが最善の策です。

相手がママ友でも職場の人でも、
単純に合わないというだけ、嫌いだから、といった理由でいじわるなことをしてくる場合
離れるのが一番の対策ですね。
そんな人とは仲良くなれることはまずないです。

大人の対応としては、相手が嫌でも、いじわるなことは普通はしません。
性格が良い人は意地悪なことをしていけないと理解しているからです。
しかし、性格がきつい人未熟な人は、平気で人を傷つけることをします。

残念ながら、人の本質はいつまでも変わらないものなんだなと思います。

こどもを生む年齢になったからといって、すべての人が思いやりがあるわけでもないし、
他のママに対していじわるなことをする人っていますよね。

こどもの前で人の悪口を言うことも良くはないことですが、そうした人の根本的な性格は
変わらないものなんだと思います。

意地悪なママ友に遭遇してしまった場合

意地悪な発言や行動を無視する
意地悪なママ友との付き合いを避ける
他のママ友に相談する
ママ友関係を断つ

意地悪なママ友に悩んでいる場合は、まずは自分や家族の身を守ることが大切です。

無理に付き合いを続けたり、自分を責めたりせず、自分にとって最善の方法を選びましょう。

エピソード

Cさんは、子どもの学校のママ友グループで、いつも自分をマウントしてくるDさんに悩んでいました。Dさんは、Cさんの服装や家のことをいつも批判していました。

Cさんは、Dさんのマウントを無視していましたが、Dさんのマウントはエスカレートしていきました。

ある日、Dさんの夫が浮気をしていることが判明しました。Dさんは、夫に慰謝料を請求され、離婚することになり、転居することになりました。

Dさんが転居してから、CさんはDさんに会うことはなくなりました。

意地悪な言動は、必ず自分に返ってくるものです。

意地悪なママ友に遭遇してしまった場合は、自分や家族を守るために、毅然と対応することが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。