高校生、何もしてないのに嫌われることが辛い時

高校生で何もしてないのに嫌われているという状況は、とてもつらいものです。自分が何か悪いことをした覚えがないのにもかかわらず、周囲から嫌われていると感じるのは、とてもストレスが溜まります。

このような状況に陥った場合、まずは自分の言動や態度を振り返ってみることが大切です。

人の話を聞かない
自分の意見を押し付ける
人の悪口を言う
陰口を言う
人を無視する

このような態度は多くの人から嫌われたり避けられたりします。

それでも、自分の言動や態度に問題がないのに嫌われている場合は、周囲の人の考え方や価値観の違いが原因である可能性もあります。

単なる相性が悪いだけ。
なんとなく苦手な雰囲気。
合わないと思った。
また、成績などがよくて嫉妬している
好きな子と仲が良いから嫉妬されている

同じクラスにいても、合う人もいれば合わない人もいますよね。

そのような場合は、無理に周囲に合わせようとせず、自分のペースで過ごすことも大切です。

クラスが変われば自然と親しくない人は
距離ができます。

クラスが離れても親しい人は、本当に親しい人が残ります。
何もしないのに嫌われたのは、とても不快なことですが、
合わないんだなぁと思い、別の親しい人と仲良くしていれば問題はありません。

ただ、目にすると、不快な気持ちになるので
できるだけ相手には無関心になるのがおすすめです。

学校で仲の良い人がいなかったとしても、世界は広いです。
必ずあなたと合う人、あなたを必要としている人は存在します。

また、信頼できる友人や家族に相談することも、心の支えになります。誰かに自分の気持ちを聞いてもらうことで、気持ちが楽になるかもしれません。






Translate »
テキストのコピーはできません。