クラスに馴染めない原因、中学1年生

クラスになじめないというのは、誰にでも経験があるものです。

昨今、不登校になる小学生や中学生も増えていると言われます。

学校に行くことってそんなに必要なのかと
小学生でユーチューバーになっている人もいるのが現代。

特に、中学生や高校生は、成長や変化の時期にあるので、
クラスになじめないことで悩む人が多いようです。

クラスになじめない原因は、人によってさまざまです。

新しい環境に慣れていない
人見知りな性格
壁を作ってしまう
友達作りに苦労している
いじめや嫌がらせを受けている

クラスになじめないと、学校や授業に集中するのが難しく、友達がいないことで孤独を感じ、学校を欠席したり、学業成績が下がったりする可能性があります。

また、うつ病や不安障害などの精神的な問題を引き起こす可能性もあります。

気が合う子、自分に興味を持ってそうな子、というのを見つけて、
仲良くするのがいいですね。

明らかに仲良くしたくなさそう、いじわるなことをしてくる同級生とは
距離を置いたほうがいいです。
学生時代の友達作りは大事です。

とあるクラスに馴染めていない女の子がいたんですが、
ある芸能人にはまっていたようで、
その芸能人が好き、という共通点のある人を見つけてグループに入っていた人もいましたね。
やはり、好きなことを共有できる人って、
話していて楽しくなるし、仲間に入るきっかけになりますよね。

話してみたら楽しい人じゃん、
仲が深まれば親近感がわきますよね。

どうしても学生時代は、クラスに馴染めているか
仲の良い子がいるのかそうではないのかで、学生時代が楽しかったか
まで変わってきてしまうものですね。

クラスになじめないと悩んでいる場合は、まず、自分がなぜクラスになじめないのか、その原因を探ることが大切です。原因がわかれば、それに応じた対処方法を考えることができます。

もし、自分がいじめや嫌がらせを受けている場合は、すぐに信頼できる人に相談しましょう。いじめは、絶対に許されるものではありません。

同じようにクラスに馴染んでいなさそうな人と仲良くなる
自分の好きなことや得意なことを見つけて、それに打ち込む。
学校のクラブや部活動に参加して、仲間を作る。
インターネットやSNSを使って、同じ趣味や興味を持つ人と交流する。

新しいクラスに馴染むためには、まず自分から積極的に話しかけていくことが大切です。

授業中や休み時間に、隣の席の人と挨拶をしたり、
共通の話題を見つけて話しかけたりしてみましょう。

どうしても話しかけられるを待っているだけの人は、
ともだちが出来にくい傾向があります。

話しかけても反応が薄いと、苦手と思われてしまい、
それ以降は話しかけてこなくなる人もいますね。

気が合いそうな人に声をかけていくのがいいですね。

部活が同じなら、仲良くなりやすいので、そこでまずは友達を作るのもよい方法です。

また、学校行事や部活動などに参加するのも、クラスメイトと仲良くなれるチャンスです。

授業中や休み時間、登下校などで、自分から話しかけていく。
共通の趣味や好きなことを見つけ、それをきっかけに話しかける。
学校行事や部活動などに参加する。
笑顔を忘れずに、明るく元気に接する。

また、相手の話をよく聞き、共感する姿勢を見せることも大切です。

また、相手のことをよく知るために、質問をしたり、相手の話を掘り下げたりすることも効果的です。

ただし、無理に自分を偽ったり、無理に仲良くしようとしたりするのは逆効果です。まずは、自分らしくあり、自然体で接することが大切です。

挨拶をしっかりする。
授業中は積極的に質問をする。
学校行事や部活動に参加する。
自分の好きなことや得意なことをアピールする。
相手の話をよく聞く。

学校にどうしても馴染めない時は、学校外での居場所を作ることを目指すのもいいですね。

居場所作りは、人それぞれ合う場所を見つけるのが大切です。

クラスになじめなくても、必ずしも孤独で寂しい人生を送る必要はありません。自分なりの生き方を見つけて、幸せな人生を送ることができるはずです。






Translate »
テキストのコピーはできません。