裏切る人の末路

世の中には、さまざまな裏切りがあります。

人との関係の中で、いつまでも仲良くいたいものですが、
長年暮らしているといろいろありますね。

結婚したのに、数年後浮気や不倫をして、
奥さんや旦那さんを傷つけてしまう、というケースも多いです。

本当は既婚者なのに、独身だと嘘をつきながら
相手と付き合い続けて、責任を取る気のない人。

または、既婚者だとばれているけれど、
奥さんとはうまくいってないんだよ、
離婚するからさ、と言いながら遊びで誰かと付き合い続ける人。

また結婚はしていなくても、本気でもないお付き合いで
子供ができたら困る・・・という中途半端な付き合い方をして
相手を傷つける人もいますね。

こうした人の末路は・・・

社会的に孤立することです。

裏切りは、信頼関係を破壊する行為です。

裏切られた人は、裏切った人を信用できなくなり、関係を断つことになります。

その結果、裏切った人は、周囲の人との関係を失い、孤立していきます。

また、心の平穏を失うことです。裏切りは、罪悪感や後悔などの感情を伴う行為です。

やはりどんなことを考えても、自分は社会的にも良くないことをした。。。

相手から嫌われるような行動をした、確実に自分が悪いんだよな・・・という罪悪感は消えません。

裏切った人は、自分の行為を正当化するために、様々な言い訳を自分に言い聞かせます。

しかし、その言い訳は、心の底から納得できるものではありません。

そのため、裏切った人は、常に罪悪感や後悔に苛まれ、心の平穏を失っていきます。

職場での信用を失い、解雇される。
恋人に裏切られ、別れる。
友人や家族から信頼されなくなり、孤立する。
罪悪感や後悔に苛まれ、精神的に追い詰められる。

裏切る人の末路を避けるために、大切なのは、裏切りをしないことです。

裏切りは、自分自身や周囲の人々を不幸にする行為です。

一度裏切ってしまったら、その代償を払わなければなりません。

また、裏切りを繰り返さないように、自分の行動を振り返り、反省することが重要です。






Translate »
テキストのコピーはできません。