HSPは子育てに向いてない?ママ友付き合いがしんどい?




刺激に敏感で、強い刺激を受けると疲れやすかったり、体調に影響が出たりする。

共感力が高く、子どもの気持ちに共感しすぎて疲れてしまう。

完璧主義で、自分にも子どもにも厳しくしてしまい、ストレスが溜まりやすい。

HSPの人は、子育てが辛く感じることもあるかもしれません。

子どもの泣き声や騒ぎ声が苦手。

子どもの感情の変化に敏感で、それに振り回されてしまう。

子どもの成長や教育について、不安や悩みを抱えてしまう。

しかし、HSPの人は、強みも持っているため、
子育てに向いているともいえます。

感受性豊かで、子どもの気持ちを理解しやすい。

細部まで注意深く観察できるので、子どもの成長に気づきやすい。

共感力が高いので、子どもとの信頼関係を築きやすい。

HSPの人は、子育てに向いているかどうかは、
その人の個性や状況によって異なると言えます。

もし、HSPの自分が子育てに向いていないのではと悩んでいる場合

自分の強みや弱みを理解し、自分に合った子育てスタイルを見つける。

周囲の人に協力してもらい、一人で抱え込まない。

自分を大切にして、セルフケアを心がける。

HSPの人は、子育てにおいても、自分の感性を活かして、
子どもと豊かな関係を築くことができます。

HSPの人は、ママ友付き合いに悩みを抱える人もいるかもしれません。

刺激に敏感で、人混みや騒音などの刺激に疲れやすくなる。

共感力が高く、他人の気持ちに共感しすぎて疲れてしまう。
自分の感情をコントロールするのが苦手で、感情的になりやすい。
また、HSPの人は、以下のような悩みを抱えることもあるかもしれません。

ママ友の集まりに行きたくない。

ママ友の噂話や悪口を聞いて、落ち込んでしまう。

ママ友の競争心やマウンティングに疲れてしまう。

HSPの人がママ友付き合いでストレスを溜めないためには

無理にママ友付き合いをする必要はない。

自分と合うママ友を見つける。

ママ友との付き合い方は、自分のペースで決める。

自分を大切にして、セルフケアを心がける。

ママ友との付き合い方を、自分なりにルールを決める。
例えば、「月に1回だけママ友と会う」「ママ友の集まりには行きたくないときは断る」など。
ママ友との会話は、短時間で済ませるようにする。

ママ友の噂話や悪口は、聞かないようにする。

ママ友との関わりを、子どもの世話や情報交換などに限定する。

HSPの人は、自分のペースでママ友付き合いをすることで、
ストレスを溜めずに付き合うことができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。