優しい人ほど突然いなくなる?ちゃんとやってる人が損をする職場、いい人ほど報われない?


優しい人が突然いなくなる、
というのは確かに多くの人が経験することです。

1. 自己犠牲の傾向

優しい人は、周囲の人を助けるために自分のことを後回しにする傾向があります。
そのため、自分自身の心身の健康を犠牲にしてまで他人に尽くしてしまうことがあります。
その結果、心身ともに疲れ果ててしまい、突然いなくなってしまうことがあるのです。

2. 期待に応えようとするプレッシャー

優しい人は、周囲の人から「優しい人」という期待を寄せられやすいです。
そのため、常に周囲の期待に応えようとプレッシャーを
感じていることがあります。そのプレッシャーに耐えられなくなり、
突然いなくなってしまうこともあるのです。

優しい人は、自分自身のことを否定的に捉える傾向があります。
そのため、自分が周囲の人から必要とされていないと感じてしまい、
突然いなくなってしまうことがあるのです。

仕事や人間関係など、周囲の環境が大きく変化すると、それに
適応できずに突然いなくなってしまうことがあります。

世の中には誠実で親切な人でありながら、
苦難を経験したり、望む結果を得られずに苦しんでいる人もいます。

そのような状況を目の当たりにすると、
「いい人であること」と「幸せ」の間には
矛盾があるように感じてしまうのも無理はありません。

優しい人は、周囲の人から必要とされていると感じることが大切です。
感謝の気持ちを伝えたり、甘えたり、助けを求めたりすることで、
優しい人が安心して過ごせる環境を作ることができます。








Translate »
テキストのコピーはできません。