スーパーで知り合いに会いたくない心理とは




スーパーでの買い物は、家計や栄養バランスなど、
さまざまなことを考えながら行うものです。

そんな時に、知り合いに声をかけられたり、
立ち話をしたりされると、集中力が途切れてしまい、
買い物がうまく進まないことがあります。

知り合いに会うと、挨拶や雑談をするのが一般的です。

しかし、その相手とあまり親しくない場合や、
何かしら気まずいことがある場合、
そのような会話をするのが苦痛に感じることがあります。

スーパーは、他の買い物客や店員の目も気になる場所です。
知り合いに会って立ち話をしていると、
周囲の視線が気になって、気まずい思いをすることがあります。

買い物に時間をかけたい時
急いで買い物を済ませたい時
買い物に集中したい時
気まずい思いをしたくない時
人目を気にしたくない時

もちろん、知り合いに会って立ち話するのを楽しむ人もいるでしょう。

しかし、知り合いに会うのを避けたいと思う人も少なくありません。

スーパーで知り合いに会うのを避けたい場合

早朝や深夜などの、人通りが少ない時間帯に買い物に行く
普段と違うスーパーに行く
帽子やサングラスなどの目元を隠すアイテムを身につける

自分の気持ちを大切にして、
ストレスフリーな買い物を楽しみましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。