昔の知り合いを見かけたら声をかける?

昔の知り合いに声をかけるかどうかは、その人との関係性や、
声をかけたい理由によって変わってきます。

もし、親しい友人や、何かの共通の趣味や関心事がある人であれば、
声をかけやすいでしょう。

久しぶりに会ったことを喜んでもらえる可能性が高いからです。

2人でよく遊びに行っていたり、話したことがよくある関係なら、
驚いてびっくりはしても、嬉しい気持ちになり
今後の付き合いにつながる可能性もあります。

わたしたち、テレパシーで繋がってるかも
びっくりしたけど、シンクロニシティ発動!?と驚きます。

また、昔実は好きだった人など、声をかけたいと思えば、
話しかけるのも良いですね。
疎遠になっていたけれど、偶然会ったのもまた運命かもしれません。

一方、あまり親しくなかった人や、会う機会がほとんどなかった人であれば、
声をかけるかどうか迷うかもしれません。

忙しそうな雰囲気や誰かと話しているところだったりしたら、
微妙ですよね。

まずはSNSなどで連絡を取り、様子を見るのも一つの方法です。

明るく元気に挨拶する
久しぶりに会ったことを喜んでいる様子を見せる
相手が興味を持てそうな話題を振る
相手の都合を尊重する

また、声をかけた後、相手から返事が来ない場合は、
無理に連絡を取ろうとせず、またの機会にしようと考えましょう。

直接会って声をかける場合、まずは相手の目を見て、
明るく元気に挨拶しましょう。

久しぶりに会ったことを喜んでいる様子を見せることで、相手も安心して話しやすくなります。

SNSやメールなどで連絡を取る場合は、相手が興味を持てそうな話題を振ると、
返事が来やすくなります。

例えば、最近の近況や、共通の趣味や関心事についてなどです。

昔の知り合いに声をかけるかどうかは、
自分の気持ちや、相手の状況をよく考えて、慎重に判断しましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。