HSP人の顔色を伺ってしまう性格?敏感すぎる・・





HSP(Highly Sensitive Person)は、生まれつき感受性が豊かで、
周囲の環境や人の感情を敏感に察知する気質を持つ人です。

その繊細さゆえに、人の顔色を伺ってしまう傾向があるのも
HSPの特徴の一つです。

人の顔色を伺ってしまう理由

相手を傷つけたくない、嫌われたくないという気持ち

周囲に調和したい、波風を立てたくないという気持ち

自分の意見や行動が間違っているのではないかという不安

過去の経験から、自分の意見を主張すると否定されたり、攻撃されたりした記憶

人の顔色に敏感な方が、より自分らしく心地よく過ごせるためのヒントです。

1. 自分の気持ちと相手の気持ちを区別する

人の顔色を伺うと、つい相手の気持ちに同調しすぎて、自分の気持ちが分からなくなってしまうことがあります。まずは、自分と相手は別の人間であることを意識し、自分の気持ちと相手の気持ちを区別するようにしましょう。

2. 自分の意見や価値観を大切にする

人の顔色ばかり気にしてしまうと、自分の意見や価値観を主張するのが難しくなってしまいます。自分の意見や価値観を大切にし、堂々と表現できるようにしましょう。

3. 境界線を引く

人の顔色を伺いすぎて、自分が疲れてしまうことがあります。
そんなときは、相手に「今は一人になりたい」
「話を聞いてほしい」など、自分の気持ちを伝えることが大切です。

4. 自分らしさを大切にする

人の顔色ばかり気にしてしまうと、自分らしさを失ってしまいます。
自分らしさを大切にし、ありのままの自分を受け入れましょう。

人の顔色に敏感な方は、周囲の状況をよく察知し、
場の空気を良くすることができます。それはとても素晴らしい能力です。
しかし、その能力ばかりに頼っていると、自分自身を見失ってしまうこともあります。

人の顔色を伺ってしまうことによる影響

常に周囲を気にし、疲れてしまう
本来の自分らしさを発揮できない
ストレスが溜まり、体調を崩してしまう
人間関係に悪影響を及ぼしてしまう

人の顔色を伺ってしまうことは、決して悪いことではありません。
むしろ、相手の気持ちに寄り添い、
調和を大切にするHSPの優しさの表れです。

しかし、それが行き過ぎると、自分自身を苦しめてしまうこともあります。

大切なのは、自分の気持ちに正直になり、自分を大切にすることです。
自分の意見を言っても大丈夫だという自信を持ち、少しずつ自分らしさを表現していきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。