嫌われる勇気を持つ方法、嫌われたくないと気にしすぎてしまう?





嫌われたくないという気持ちは、誰もが持っている自然な感情です。

しかし、その気持ちが強いあまり、
他人からの評価ばかり気にしすぎて、
自分の行動や言動に制限がかかってしまうと、
ストレスや不安を感じやすくなります。

嫌われたくなくて、みんなにいい顔をしたり、なんでもいいよと言ってみたり、
思ってもない言葉を言うのも辛くなります。

嫌われたくなくて、嫌なことも引き受けたり、八方美人を演じたりしても、
それはいつか疲れてしまい、優しい人ほど速攻で縁を切るとも言われたりしますが、
急に職場を辞めたり、SNSのアカウントを消したり、急にいなくなってしまうこともあります。

人間関係リセット症候群の癖がある人は、普段はとてもいい人だからこそです。

嫌われたくない気持ちが強くなってしまう原因

自分に自信がない
対人関係でトラウマがある
過去に嫌われた経験がある
周囲の評価を気にしすぎる

嫌われたくない気持ちが強くなってしまうと

人前に出るのが苦手になる
自分の意見を言えなくなる
つい八方美人になってしまう
不安や焦りを感じやすくなる

うつ病や不安障害などの精神疾患を発症する可能性も

嫌われたくない気持ちを克服するためには、
まず自分の気持ちに向き合って、なぜ嫌われたくないと思うのかを理解することが大切です。

そして、自分に自信を持てるように、
自分の長所や得意なことを把握するようにしましょう。

また、嫌われたくない気持ちが強いときは、
無理に人と関わろうとせず、一人で過ごす時間も大切にするのも良いでしょう。
一人で過ごす時間は、自分の考えを整理したり、リラックスしたりするのに役立ちます。

嫌われたくない気持ちは、誰もが抱えるものであることを忘れずに、
自分らしく生きられるように、少しずつ克服していきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。