ずるい人は得をする世の中?末路は自滅?

ずるい人は、自分の利益のために、他人を欺いたり、
不公平な方法で利益を得ようとするため、
短期的には得をすることが多いと言えます

例えば、テストでカンニングをする、
仕事で自分の功績を他人に押し付ける、
取引で相手を騙すといった行為は、短期的には得をすることにつながります。

しかし、長期的には得をしない可能性もあります。

例えば、テストでカンニングをすれば、
自分の実力が身につかないだけでなく、
周囲の信頼を失うことになります。

仕事で自分の功績を他人に押し付ければ、
いずれバレて信用を失うことになります。

取引で相手を騙せば、取引先との信頼関係が崩れ、取引ができなくなる可能性があります。

ずるい人が得をするかどうかは、自分の行動次第と言えます。

ずるい行動をすれば、短期的には得をするかもしれませんが、
長期的には得をしない可能性もあります。

また、ずるい行動によって、周囲の信頼を失ったり、人間関係が悪化したりする可能性もあります。

ずるい人が自滅する可能性は十分にあります。

ずるい行動によって周囲の信頼を失うことです。

ずるい行動をすれば、周囲の人から信用されなくなり、
協力を得られなくなる可能性があります。

仕事や勉強、人間関係において、不利な立場に置かれることになります。

ずるい行動によって自分の実力が伸びないことです。

ずるい行動をすれば、自分の実力が身につきません。

そのため、仕事や勉強において、成果を出すことができない可能性があります。

テストでカンニングをすれば、自分の実力が身につかないだけでなく、
周囲の信頼を失うことになります。

仕事で自分の功績を他人に押し付ければ、いずれバレて信用を失うことになります。

取引で相手を騙せば、取引先との信頼関係が崩れ、取引ができなくなる可能性があります。

ずるい行動をすれば必ず得をするとは限らず、
自分の行動によって、得をするか損をするかが変わってくると言えます。

また、ずるい人は、自分の行為が他の人にどう影響するかを考えられていないことが多いです。そのため、自分の行為によって、周囲の人に不利益を与えたり、トラブルを起こしたりする可能性があります。

そのような行為を繰り返すことで、周囲の人から嫌われ、孤立する可能性もあります。

このように、ずるい人は、短期的には得をすることがあっても、
長期的には得をしない可能性があり、自滅する可能性もあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。