ぶっきらぼうな人の特徴、ぶっきらぼうな人への接し方




ぶっきらぼうな人とは、言葉遣いや態度がそっけない人です。

多分悪い人なわけじゃないんだろうけど、
なんか、不愛想だし無口で、関わりにくい人もたまにいますよね。

無表情で、何を考えているのかわからない
もしかして嫌われてるのかな・・・人見知りなのかな

愛想が悪いと、誤解を受けがち・・

愛想がなく、ぶっきらぼうな態度をとる理由は、人によって様々です。

性格: 元々無口で、人と話すのが苦手な人

照れ隠し: 本当は優しい人柄だが、照れ隠しでぶっきらぼうな態度をとってしまう人

過去の経験: 過去に人間関係で傷つき、心を閉ざしてしまった人

ストレス: 仕事やプライベートでストレスを抱え、余裕がない人

考え事: 何か考え事をしており、周囲に意識が向いていない人

距離を取る: 無理に仲良くしようとせず、距離を取って接する

時間をかける: 時間をかけて信頼関係を築いていく

裏を読まない: ぶっきらぼうな態度の裏を読まず、素直に受け止める

共通点を見つける: 共通点を見つけて、会話のきっかけを作る

質問する: 相手に質問をして、話してもらう

ぶっきらぼうな人への接し方は、いくつかポイントがあります。

1. あまり気にしない

ぶっきらぼうな態度を取られても、いちいち気にしないことが大切です。
相手は悪意があってぶっきらぼうに接しているわけではないことが多いです。

2. 距離感を意識する

ぶっきらぼうな人は、人付き合いが苦手な場合があります。
必要以上に距離を詰めず、適度な距離感を保って接しましょう。

3. 相手のペースに合わせる

ぶっきらぼうな人は、ゆっくり話す傾向があります。
焦らず、相手のペースに合わせましょう。

4. 愛想よく接する

ぶっきらぼうな人でも、愛想よく接することで、
徐々に心を開いてくれることがあります。

5. 質問形式で話す

ぶっきらぼうな人は、自分から話すことを苦手な場合があります。
質問形式で話すことで、会話をスムーズに進めることができます。

6. 共通点を見つける

共通点を見つけることで、相手との距離を縮めることができます。

7. 悪口や陰口を言わない

悪口や陰口を言うと、相手から信用されなくなります。

8. 無理に仲良くなろうとしない

無理に仲良くなろうとすると、
相手が負担に感じてしまうことがあります。

9. 時間をかけて信頼関係を築く

ぶっきらぼうな人と信頼関係を築くには、
時間が必要です。焦らず、じっくりと時間をかけていきましょう。

10. 自分らしく接する

一番大切なのは、自分らしく接することです。




Translate »
テキストのコピーはできません。