人見知りに見えない人見知り、大人になってから人見知りになる人もいる?





人見知りに見えない人見知りとは、表向きは人見知りに見えないけれど、
初対面の人と会うと、どっと疲れてしまう人のことを指します。

人見知りには、大きく分けて2つのタイプがあります。

内向的な人見知り

社交的な人見知り

内向的な人見知りは、もともと人とのコミュニケーションを好まない傾向があります。

そのため、初対面の人と会うと、緊張や不安を感じ、積極的に話しかけることができません。

一方、社交的な人見知りは、人とのコミュニケーションは好きですが、
初対面の人と会うと、自分をどう思われるか、どう接したらいいのか、
など考えすぎて、余計に疲れてしまう傾向があります。

人見知りに見えない人見知りは、この社交的な人見知りに多いと言えます。




人見知りに見えない人見知りの特徴

仕事や学校などの集団の中では、周りに合わせて社交的に振る舞うことができる
自分の意見や考えをはっきりと言える
初対面の人とも、会話を楽しむことができる
しかし、初対面の人と会うと、内向的な人見知りと同じように、緊張や不安を感じ、心臓がドキドキしたり、表情が固くなったり、言葉が出にくくなったりすることがあります。

また、人見知りに見える人見知りは、自分の人見知りを周りに悟られたくないため、無理をして社交的な振る舞いを続けるため、心身ともに疲れてしまうことがあります。

人見知りに見える人見知りの対処法

初対面の人と会う前に、あらかじめ準備をする
自分の人見知りを受け入れ、無理をしない
自分を肯定してくれる人と交流する
初対面の人と会う前に、あらかじめ準備をしておくと、緊張や不安を軽減することができます。

例えば、相手のことを事前に調べておく、話題をいくつか用意しておく、などです。

また、自分の人見知りを受け入れ、無理をしないことも大切です。初対面の人とすぐに打ち解けられないとしても、それは悪いことではありません。無理をして疲れてしまっては、逆効果です。

自分を肯定してくれる人と交流することも、人見知りの克服に効果的です。自分を受け入れてくれる人と一緒にいると、安心して自分らしく振る舞うことができます。

世の中、初対面の人と会う、話すことは誰しも緊張するものです。
仲よくなれるのかわからない相手、どんな人かわからない人と
急に親しくなれる人は、ほとんどいません。

人と仲良くなるには、それなりの時間を共有する必要があるからですね。
何もしらない人をいきなり信用することもできないし、
急になんでも話せるわけではないのは、誰でも同じです。

仲よくなりたいな、という気持ちがお互いにあって
関係はどんどん深くなっていくものです。

人見知りに見える人見知りは、決して悪いことではありません。しかし、無理をして自分の人見知りを隠していると、心身ともに疲れてしまいます。




Translate »
テキストのコピーはできません。