大人なのに人見知りが激しいとうざい、めんどうくさいと思われがち?どうしたらいい?

人見知りの人は、初対面の人や知らない人に対して、緊張や不安を感じやすいため、会話が弾まなかったり、相手の話を聞いているように見えなかったりすることがあります。そのため、人見知りの人を「うざい」と感じる人もいるかもしれません。

一方で、人見知りの人は、一度仲良くなれば、親身になって話を聞いてくれる人や、相手の気持ちに寄り添ってくれる人が多いものです。そのため、人見知りの人を「優しい」「気遣いができる」と感じる人もいるでしょう。

また、人見知りの人は、自分の感情をうまく表現するのが苦手な場合もあります。そのため、自分の気持ちを素直に伝えられずに、相手の誤解を招いてしまうこともあります。そのため、人見知りの人を「冷たい」「無関心」と感じる人もいるかもしれません。

このように、人見知りの人が「うざい」かどうかは、その人の性格や行動によっても異なります。

また、人見知りの人をどう感じるかは、その人の価値観や考え方によっても異なります。

自分も人見知りするよって人は、同じだと感じて安心感を持つ場合もありますね。

人は、自分と似たような人や、自分のことをすきそうな人を好きになる傾向があります。

人見知りが激しい大人とは、知らない人や初対面の人に対して、強い緊張や不安を感じ、コミュニケーションが苦手な人のことを指します。

人見知りの原因は、遺伝や性格、環境などさまざまですが、大人になっても人見知りが続く場合も結構ありますね。

自分がどう思われているのかを気にしすぎる
人間関係に関するトラウマを抱えている
人と接する機会が少ない環境で育った

知らない人や初対面の人と会うと、顔が赤くなったり、声が震えたりする
会話が苦手で、沈黙が続く
人と目が合うのが苦手
自分の意見を言えない
人見知りが激しいと、仕事や人間関係に支障をきたすことがあります。

仕事でプレゼンや会議に参加するのが苦手
新しい人と知り合うのが苦手
異性と付き合うのが苦手
このような悩みを抱えている人は少なくありません。

初対面の人と話すのが苦手というのは、誰しもが経験することです。
どれだけ明るい人でも、陽キャと呼ばれるような人でも、
やはり誰しも暗い部分や繊細に感じる部分を持つ人は多いものですし、
初対面でいきなりなんでも話せる人は稀ですね。

緊張
初対面の人と話すときは、誰でも緊張します。それは、相手のことを何も知らないため、何を話したらよいか、どう振る舞ったらよいか、不安になるからです。

自信のなさ
自分自身に自信がないと、初対面の人と話すときに、うまく話せるか、嫌われないだろうか、などと不安になり、緊張が強まります。

会話のネタがない
初対面の人と話すときは、共通の話題を見つけることが大切です。しかし、相手のことを知らないと、共通の話題を見つけるのが難しいため、会話が続かないことがあります。

人見知りを克服するには、時間と努力が必要です。しかし、自分なりの克服方法を見つけて、少しずつでも前に進んでいくことが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。