中学生時代思い出したくない・・・





学生時代は、人生の重要な時期です。

そこでは、学業、人間関係、将来の夢など、さまざまなことを経験します。

もう思い出したくもない、とまで感じることがあれば、
それは辛く苦しい思い出として記憶に残っている人も世の中にはいるものですね。

過去のことだからといっても、なかったことに出来るほど
人の脳は単純には作られていません。

いつまでも心の中にトラウマとして残ることもありますよね。

いじめや暴力などのトラウマ的な出来事です。

人がたくさんいる中では、仲間外れや陰口を言われる

合わない人から嫌味なことを言われて辛い思いをしながら学校へ行っていた人も

多くいることでしょう。

みんなが楽しい思い出があるわけではないですね。

このような出来事は、心の傷として残り、

大人になっても思い出すと苦痛を感じたり、不安や恐怖を感じたりすることがあります。

自分の失敗や挫折の経験です。このような経験は、

自己肯定感の低下や、自信の喪失につながることがあります。

また、自分の人生を否定的に捉える原因にもなりかねません。

思い出したくない学生時代の出来事を乗り越えるためには、

まず、その出来事を受け入れることが大切です。

無理に忘れようとしたり、否定したりしても、心の奥底に残り、いつまでも苦しむことになります。

次に、その出来事から学ぶことを見つけることが大切です。

いじめや暴力などのトラウマ的な出来事から学ぶことは、

自分を守るための方法や、困難を乗り越える強さです。

失敗や挫折の経験から学ぶことは、自分を成長させるためのきっかけです。

最後に、その出来事と向き合うことが大切です。

誰かに話を聞いてもらう、カウンセリングを受けるなど、

自分の気持ちを吐き出すことで、心の整理をすることができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。