親戚付き合いしたくない必要なのか?しない嫁もいる?最低限にしたい、しんどい苦痛で疲れる


親戚付き合いしたくない必要なのか?しない嫁もいる?

年始年末やお盆になると、義理の実家に帰ることになったり、親戚付き合いがありますよね。
みんなが仲の良い家庭であれば、親戚付き合いも楽しいものかもしれません。

子供時代から愛されて、親友みたいに話せる関係。

会えばなんでも話し合える、助け合える存在なら心強い。

しかし、そうでもないことが現実。

好きな人もいれば、少々苦手に感じる人もいるのがこの世。

親戚付き合いはいろいろと気を遣う。

しない嫁や旦那も昨今は実はいる。

今なら、コロナウイルスのことで断ったり

お相手のほうもいろいろ準備をしたり、疲れるはずなので、

合わないならこの際、やめてみてもいいと思う。


スポンサーリンク




いろいろな人がいるので、親戚付き合いは、面倒だな、あまり行きたくないなと感じてしまう人は世の中多いですよね。
結婚当初は挨拶していたものの、だんだんと義実家に行きたくない。
仕事を理由に断りたい、なんて思うこともしょっちゅうですね。

自分が行きたくないな、合わないと思う時、

たいてい、相手側もそう感じているケースが多い。

自分は嫌なのに、相手からは気に入られるということはない。

そう滅諦に会わない相手に対しては、そこまで期待することもない。

合わないし、例え嫌い、苦手な人がいたとしても、

その時だけだから、まだマシ。

終われば、好きなことをして過ごせばいい。


親戚との集まりが多い家庭もあれば、まったく会うこともない、疎遠になりがち。
顔も見たことがない親戚がいる、なんて人もたまにはいますね。

家庭によって、それはさまざまな事情があります。
親、兄弟、親しくしている人もいれば、そこまで親しくはない。
大人になってからは、あまり会わない。
疎遠。
冠婚葬祭のみしか会うこともない。といった場合もあります。

日頃から親しい関係なら、まだ良いけれど、

正直、別に会いたいと思わない、

疲れるから、早く帰りたいなと思うような関係性は疲れますよね。

とは言え、冠婚葬祭などは、断りたくても断れず。

無難に時間が過ぎてくれるのを待つだけ。

親戚付き合い、やめたい、疲れる。
と考える人は多いものですが、完全にやめるといったことは難しいですよね。

冠婚葬祭など、行かなくてはならない時に、日頃疎遠になっていたり、縁切りしているような状況ですと、困ります。

顔を合わせることも気まずい。そんな風にはなりたくないがために、日頃からの挨拶や、年賀状、そうした最低限のマナーや相手に対する気遣いも必要なのだと思います。

親戚付き合いが疲れる主な原因としては、家庭によってさまざまです。

馬が合わないといった場合もあれば、最初は良い印象だったが、だんだんとプライベートに口を出してくるようになった。

どうも親戚付き合いをすると、早く帰りたいと感じてしまう。

集団の中、浮いている気がする。

出来れば、親戚付き合いは辞めたい嫁や夫は多い。

相手の親族との関わりなども、結婚したらしなければならない時もあるけれど、

会話に入れず、孤立する人も少なくはない。

一言も話さないままの雰囲気の食事会は、沈黙に耐えられない人は辛いものですね。

また、苦手な人と長時間過ごさなければならない時間も苦痛。

他の兄弟は、親族とうまく話せていたりすると、

ここには居場所がないと感じたり、

もっと社交的だったらなぁと思うこともあったり。

しかし、合わないものは合わないので、

時間が過ぎてくれるのを待つだけ。


普段は会うこともほとんどないのだからその時は我慢。

社交的な性格なら問題ないのかもしれないけれど、元々関係が希薄なものなので、

自分のところの親族でさえ、気に入らないことがあったとしても、文句はなかなか言えない。

おとなしくて、全然喋らない人もいれば、

喋りすぎて、相手のプライベートにまで踏み込む若干鬱陶しい人もいる。

嫌なことを言われたり、他の親戚と比較されているような気がする。
日頃はそこまで会うこともないからこそ、会った時にすごく気を遣ってしまい疲れる。

本音で話せないから、愛想笑いをして疲れる。
など色々な事情がありますよね。

親戚付き合いが苦痛とまで感じるようになると、なにか理由はあるものです。
馬が合う、合わないといったこともあれば、
付き合いに参加すると、親戚の噂話や悪い話を聞かされたり、言われたりする。
人には相性があるので、どうしても難しい事情もあります。

全員と合うわけではなく、合う人もいれば、

どうしても合わない人もいるのは仕方ない。

しかし、親族が絡むことなので、あの人、実は苦手なんだよね。

なんて本音はなかなか言えない。

親しい家族にだけなら、

あの人とは合わないと言ってみたり、

なんとなく態度や表情、話しかけないなどの雰囲気で、

薄々、あの人とあの人はきっと仲が悪いのだろう。

兄弟であっても、仲良くないんだろうなと感じたり、

もしくは家族の前ではべらべら話すけれど、

親族がいるところでは、一切話さなくて無口なタイプの人もいる。

喋らないだけで、好かれないこともある。

ただ、話すこともないし、ストレスになるだけなら、

会わないほうが無難。

自分が嫌だなと思う相手は、相手からもたいてい、そう思われている。

口に出すか出さないかだけで、違いはそうない。

親族付き合いほど、大人の対応が求められる。

嫌なこともあるけれど、けっして嫌だという顔は見せないほうがいい。

血縁関係であっても、お葬式しか会うことない、などの関係は

かなり希薄なので、言いたいことも言えず、

ただ我慢だけして、ストレス溜まる、と疲れる人も多い。

たまにしか会わない親戚との付き合いは、多少疲れるものです。

なるべく、自然体でいることです。

無理に笑顔でいようとしたり、話しかけなければならない、

と偽りの自分を演じてしまったりすると、確実に精神的に疲れます。
疲れた時は、別室で休むなど、工夫しながらお盆や正月を乗り切っていきたいものですね。


スポンサーリンク




昨今、結婚しない若者が増えている。 経済的な理由や、理想の相手が見つからないから。 という理由以外にも、 ただのお付き合いなら気に...
結婚すると、相手の両親や兄弟と会う機会もありますよね。 どうも社交的ではないと 義家族との集まりが面倒に感じたり、疎外感を感じて 孤...








Translate »
テキストのコピーはできません。