親戚付き合いやめる方法なんてある?親戚の集まりで居場所がないとストレス溜まる・・・いつまでするもの?本当は辞めたいけど常識的におかしい?


昨今、結婚しない若者が増えている。

経済的な理由や、理想の相手が見つからないから。

という理由以外にも、

ただのお付き合いなら気にすることもない

親戚付き合いが絡んでくるから

なるべく結婚しない

そのまま未婚のままでいる、という人もいたりしますよね。




親戚付き合いが嫌で結婚したくない人も結構いる

親戚付き合いって、みんな苦痛を感じていたり、
ストレスで疲れた

旦那や嫁の義実家で気を遣いすぎて、

帰って1週間ほど体調がすぐれないなんて悩みもちらほら・・・

一体いつまで続くものなの?

親族間がすごく仲良くてみんな仲良しで

プライベートでも遊びに行ったりしているような関係性なら

良いですよね。

親族なのに友だちみたいな関係。

会うのが楽しみになるような関係性なら、誰も苦労はしませんね。

子なしや独身であったり、離婚してひとりだったりすると

なんとなく居心地悪い・・・

好きで生きていても、あれこれ言う人もいる。


スポンサーリンク



親戚の集まり行きたくない、なぜ、こうも親戚付き合いは疲れるのか?親戚とご飯が嫌、浮く、親戚の集まりで話せない、孤立してぼっちはキツイ

みんなが仲の良い人ならいいんですけどね。

親戚付き合いも職場の人と似たようなもので、

大勢いれば合う人もいれば合わない人もいる。

会話もしないくらいなら、もう会わないほうが良いのではないか?

なぜにイヤイヤ会わなければならないのか?

HSPは親戚の集まりを苦手に感じやすい。

居場所がなかったり、会話に入れなくても、

そこにいなければならない強制感や仲良くないのに話さなければならない

雰囲気。

あとでなにか言われているのでは??と考えてしまうのは辛いし苦しい。

苦手を通り超えて、嫌いになってしまうと、逃げられない圧迫感で辛くなる。

親戚付き合いが面倒でくだらないと思える、旦那の身内と関わりたくない、イライラするいとこと関わりたくない昔は仲良かったけど今は仲よくない

会った後に家族や友人に文句を話すくらいなら、
むしろ相手も迷惑だし関わらないほうがマシ。

旦那の身内と関わりたくない、いとことか親しくない関係の人との

食事はなるべく遠慮したい。

無言でいても辛いだけ・・・・

なにか金銭のトラブルがあったとか、

嫌がらせをしてくるとか、

以前から悪い関係なら、そもそももう会う必要なんてありません。

ただ、別に普通なんだけど、しばらく顔見てないし、

別に会いたくはないな。

と感じることもありますよね。


スポンサーリンク



親の死後、親戚付き合いは変わるのか?

常識というものが人のルールとしてありますから、

表立って、もう付き合いたくはないとか

口に出しては言えないけれど、

どうもあの人と会うと気分が悪くなるし相性が合わないから嫌、というのは

誰にでも起こりうることです。

ただ、両親の死後親戚付き合いは変わるものですね。

仲が良い兄弟、姉妹なら関係は続くものですが、そうでもない場合、

いつしか疎遠に・・・

親が健在であっても疎遠なら、関係は疎遠のままですね・・・

人とのご縁は、気持ちがあって続くもので

家族でも親族でも、気持ちがなければ続きません。

みんなに好かれる必要はない

最低限、冠婚葬祭だけは、顔を出す。

これは、もうお互い様です。嫌なものは相手も多分嫌なので、

割り切りで、お仕事と思う。

ただ、そう滅諦に会うこともない関係なので、わざわざそこで嫌な態度をとったり

口喧嘩をするようなバカバカしいことをするのも時間のムダです。

嫌な相手がいないところで、話しやすい人にグチグチ文句を言うのも

大人げないし、それこそそんなつまらんことで、精神消耗しなくても・・・・と

誰もが思います。

どうせ、1日としても、もうほぼ会うこともない関係なら、

この短い人生の中で集まるのも、振り返れば貴重な思い出ですね。

大人の対応としては、合わない相手は、たいてい相手も同じ気持ちなので、

挨拶のみ、それ以外はなし。

家族や親族にももちろん悪くは言わない。

誰が悪いという問題ではなくて、ただ合わないだけなら仕方ない。

また独身でい続けると、
肩身が狭い、

他の兄弟の子は結婚しているけど、
未婚のままでいると、
「〇〇、結婚は?
彼氏は?彼女は?」みたいなことを聞かれたりして

ご縁がなくて・・・
など適当な理由で答えつつも、
こうしたプライベートな質問に答えるのが辛い・・・
と思う人も多い。

今の時代は、結婚していないのも、案外普通になってきた

独身のままだからなにかわけがあるのよ・・・なんて思われる時代でもありません。

親戚付き合いは、冠婚葬祭では、主に常識となるので、
断りたくても断れません。

なので、祖父には会いたいけど、他の親戚には会いたくないなぁとかも
あるわけですね。

やはり小さな頃に冷たくされた人物と認識していた場合、

特におとなになっても会いたい気持ちは0ですよね。

プライベートの詮索などもあまり深くされたくないし、

気にしなくてもいいものの、すごく気を遣うわけです。

普段会わないからこそ、会話の内容に気を遣ったり、

そもそも性格が合わないので話すこともない。

話しても盛り上がらないから早めに退散したいと考えたりするんですよね。

小さい頃は、仲良くしていた関係でさえも、
しばらく会わなければ、親しみもありません。

兄弟で差別されたり、あっちの子は可愛がられているけど、
自分はそうでもなかった。
とかそうした内情もあったりとかしますよね。

愛想が良い子は、親戚付き合いでも得をします。

小さい頃のそうした複雑な思いなんて、大人になれば忘れているものだったりもしますが、

当時のメンバーで会うことになれば記憶は蘇ってきたりもしますよね。

そういえば、あの頃、あの人には可愛がられてたけど、

あの人には冷たくされてたなぁ・・・という感情は、

5歳6歳くらいの記憶でも案外覚えていたりするものです。

親戚付き合いは、常識とされるイベントには
行かなければなりませんが、
それ以外は、適当な理由で断るのが無難です。

県外など遠くに住んでいれば、

そうそう呼ばれることもありません。

ただ、行かなければならない日も、たったの1日だけ。

長い人生から見たら、ほんの一瞬のことです。

気の合う親戚には挨拶して仲良く話して、

あとは、帰るだけです。


スポンサーリンク










Translate »
テキストのコピーはできません。