優しい人は損をする?





優しい人は損をするという言葉は、優しい人は自分の気持ちを押し殺して他人に尽くすことが多く、
その結果、自分を犠牲にして損をすることもありますね。

嫌なことでも頼まれると断れない・・

なんでもいいよ、とすぐに相手に合わせてしまう

本当は、自分のやりたいことをしたいのに、他人の愚痴や不平不満を時間を作ってただ聞いている。

聞きたくもない噂話やネガティブな話題も、うんうん、と頷きながら聞いている。

本当は嫌なのに参加していたり金銭的にも損をしていることがあれば、辛いですね。

こうした性格だと、学校などでもいじめに遭いやすくなる傾向があります。

自分の時間や労力を奪われる
自分の意見や考えを押し殺す
ストレスや疲労を溜める
人から利用される
人間関係に悩む

優しい人は、他人の苦しみや困りごとを自分のことのように感じ、
助けてあげたいという気持ちが強い傾向があります。

そのため、頼まれごとを断るのが苦手で、無理をして引き受けてしまうことがあります。

また、人の悪意や意地悪を察知するのが苦手で、利用されてしまうこともあります。

優しいけれど、嫌なことを断れないと非常に損で生きにくくなります。
嫌われたくない、とか人には親切にしなきゃいけないと思っているものだと思いますが、
さすがに悪意がある人や意地悪をしてくる人、人を利用してくるような人とは
距離を置いておくのが良いです。損だなと感じる人には、嫌われたほうが気楽とも言えます。

優しい人が損をするかどうかは、その人の考え方や行動次第と言えます。

自分の気持ちを押し殺して他人に尽くすのではなく、自分のことも大切にしながら、生きていく、
そんな生き方でいいのだと思います。




Translate »
テキストのコピーはできません。