賢い人は喋らない?





「賢い人は喋らない」という言葉は、中国の古典である老子の言葉です。

この言葉は、一般的に「賢い人は言葉数が多くなく、多くを語らない」という意味で解釈されています。

言葉に頼らない
賢い人は、自分の知識や経験を言葉に頼って伝える必要がありません。

言葉に頼らずとも、相手に自分の考えや意図を理解させることができるからです。

言葉の力を知っている
賢い人は、言葉の持つ力をよく知っています。

言葉は、人を傷つけたり、誤解させたりすることもできるからです。

想ったことをそのまま口にしたり、
特に人の悪口などを安易に言うと、他人を陥れているように見えて、
実は、言いふらしている本人の信用、信頼をまわりの人から
失うことになる・・・

この人は、自分がいないところでは、自分のこともなにか悪く言ってるんだろうな・・と
予想できるので、いざという時には近くにはいないし誰も助けてくれなくなる。

誰しも自分を嫌う人のことや悪く言いふらしている人のことは好きじゃないから。

そのため、賢い人は言葉を慎重に選び、必要以上に言葉を発しないという傾向があります。

もちろん、この言葉をそのまま受け取ると、賢い人とは寡黙で無口な人のことを指すように思えます。

しかし、必ずしもそうではありません。

賢い人は、必要なときには、的確で説得力のある言葉を発することができます。

また、自分の考えや意見をわかりやすく伝えることもできます。

つまり、「賢い人は喋らない」という言葉は、言葉の使い方を熟知した人が、言葉を慎重に使うことを意味していると考えられます。

また、この言葉は、言葉の量ではなく、言葉の質が重要であることを示しているとも解釈できます。

賢い人は、言葉の量よりも、言葉の質を重視します。

そのため、言葉を多く発するよりも、必要なときに、的確で説得力のある言葉を発することを心がけます。




Translate »
テキストのコピーはできません。