優しすぎる人はモテない?

優しい人は思いやりがあって、

ステキです。

優しい性格の人は、それだけで価値があります。

ただ、異性にもてるのかというと、

優しすぎる人はモテないとも言われます。

え?なんで?

どうして?と不思議に思いますね。

優しすぎる人は、恋愛においてモテない傾向があります。

よくどこに行く?何を食べる?という質問で、

なんでもいいよ、どこでもいいよ、

あなたにお任せするよ、という回答をする人に対して、

いつもいつも人任せにしてきて、面倒になってきた・・・という感じですね。

なんでもいいよ、どこでもいいよ、というのは相手に合わせる人に多く、

優しく気遣いができるものですが、毎回、相手に合わせるだけ、意見を言われないと、

面白みがない・・と思われてしまうんですよね。

優しすぎる人は、相手を大切にし、悲しませるようなことはしません。そのため、相手は安心感を覚えますが、同時に刺激やドキドキ感も少なくなります。

優しすぎる人は、基本的に性格そのものが優しく穏やかです。そのため、相手に特別な思いを抱いていなくても、同じように優しく接します。すると、相手は「自分に好意があるわけではない」と感じ、恋愛対象として見なくなってしまうのです。

優しすぎる人は、相手に全て合わせようとします。そのため、自分の意見や本心をあまり表に出しません。すると、相手は「何を考えているか分からない」と感じ、信頼関係を築くことが難しくなります。

もちろん、優しい人は、恋愛において必ずしもモテないわけではありません。

もし、好みのタイプだったりすると、それはモテます。

見た目がドストライクの人に、人は弱いですから・・・

適度に自分らしさも出す
優しさだけでなく、自分の意見や本心も少しずつ表に出していくようにしましょう。そうすることで、相手は「この人は私のことを理解してくれている」と感じ、信頼関係を築きやすくなります。

相手に甘えもする
いつも相手に尽くしているだけでは、相手も疲れてしまいます。たまには相手に甘えて、自分を頼ってもらうようにしましょう。そうすることで、相手は「この人は私を大切に思っている」と感じ、愛情を深めることができます。

相手を尊重する
相手に尽くすことはもちろん大切ですが、相手を尊重することも忘れてはいけません。相手の意見や考えを尊重し、無理強いをしないことで、相手は安心感と信頼感を抱くことができます。

優しさは、恋愛においてとても大切な要素です。






Translate »
テキストのコピーはできません。