別れ際、「幸せになってね」と伝える




人生、出会いあれば別れあり。

出会いは突然に・・・

別れも突然に訪れたりしますよね。

付き合っていた2人でも、ある時、別れが訪れることもあります。

運命の歯車がずれた時、なにか理由がある時、

いろいろですが、もうこの人とは会うことはないんだろうな・・・となんとなく思う時もありますね。

別れ際、相手に「幸せになってね」と伝えることは、とても大切なことだと思います。

「幸せになってね」という言葉には、相手を思いやる気持ちと、
相手が幸せになってほしいという願いが込められています。

別れは、お互いにとって辛いことです。

しかし、その辛さを乗り越えて、相手が幸せになってほしいという気持ちを伝えることで、
相手を勇気づけることができます。

また、「幸せになってね」という言葉は、相手への感謝の気持ちを表すことにもなります。

一緒に過ごした時間の中で、相手から多くのことを学び、成長することができたのではないでしょうか。その感謝の気持ちを込めて、「幸せになってね」と伝えることで、相手への思いやりを表現することができます。

もちろん、別れ際は、悲しみや怒りなどの感情が溢れてくることもあるでしょう。そんなときは、まずは自分の感情を素直に受け止めることが大切です。

感情を抑え込もうとすると、余計に辛くなってしまうことがあります。自分の感情を認めて、少しずつ気持ちを整理していくようにしましょう。

そして、気持ちが落ち着いたら、相手に「幸せになってね」と言うと、相手も嬉しいですね。

どんな別れだとしても、別れるからにはもう二度と会うことがないかもしれない

そういえば、あの人、幸せになってねと言ってくれたな・・・と顔が浮かぶ人は
いつまでもいい印象のままですよね。
最後の印象はとても大事です。




Translate »
テキストのコピーはできません。