友達に違和感を感じるようになった時は成長の証?

友達と合わなくなることは、成長の過程でよくあることです。

人は成長するにつれて、価値観や興味関心が変化していきます

そのため、以前は仲の良かった友達でも、成長の方向性が異なり、合わなくなることがあるのです。

価値観や考え方の違いは、友達と合わなくなる最も大きな原因の一つです。

たとえば、政治や宗教、人生観など、価値観が大きく異なると、
一緒にいてもストレスを感じてしまい、疎遠になってしまうことがあります。

趣味や興味の違いも、友達と合わなくなる原因の一つです。

たとえば、スポーツが好きな人、芸術が好きな人、勉強が好きな人など、
趣味や興味が異なると、一緒にいても話が合わなくなり、離れていくことがあります。

ライフスタイルの違いも、友達と合わなくなる原因の一つです。

たとえば、結婚や出産、転職など、ライフスタイルが変わると、

以前のように会う機会が減り、自然と疎遠になってしまうことがあります。

悲しいけれど、あんなに仲良かったのに疎遠になった・・・

知らないうちに連絡とらないようになり、縁がきれてしまった・・・ということって
よくありますね。

変わらないものは何もない・・・

でも、仲良かった人が離れていってしまうのは、すごく寂しいこと・・・

また、環境の変化も、友達と合わなくなる原因の一つです。

たとえば、学校や職場が変わると、新しい環境で新しい友達と出会い、
以前の友達との関係が希薄になることがあります。

友達と合わなくなった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

まず、自分と友達の価値観や考え方の違いを理解することが大切です。

自分と友達の違いを理解することで、相手のことを理解し、受け入れやすくなります。

次に、友達との関係を維持するために、努力をすることも大切です。

たとえば、相手の興味や関心を理解しようとしたり、相手のライフスタイルに合わせるようにしたりすることで、関係を維持しやすくなります。

しかし、いくら努力しても、友達との関係を維持するのが難しい場合もあります。

そのような場合は、無理に関係を維持しようとせず、離れることも選択肢の一つです。

ステージが変わると友達はだんだんと離れていく、
友達が減っていくのは、大人になれば、だれにでも起こりうること。

友達と合わなくなったことは、成長の証でもあります。
成長するにつれて、自分に合う友達を見つけることができるでしょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。