人間関係リセット症候群はうざいと思われがち?

人間関係リセット症候群が「うざい」と思われてしまう理由

相手の気持ちを無視しているように感じる

人間関係リセット症候群に陥った人は、人間関係を断ち切ったり、新たな人間関係を築いたりする際に、相手に十分な説明や配慮をしないことがあります。そのため、相手からすると、自分の気持ちや考えを無視されているように感じ、不快感や怒りを感じてしまうことがあります。
突然にいなくなったり、責任を放棄したように感じる別れ方は、
誠実ではないと思われ、あまり良くは思われません。

自分勝手なように感じる

人間関係リセット症候群に陥った人は、自分の気持ちや考えを優先するあまり、周囲の人の気持ちを思いやることができないことがあります。そのため、周囲の人は、自分勝手な人だと思われ、不信感や嫌悪感を感じてしまうことがあります。

人間関係をリセットするということは、それなりの覚悟と思いがあったんだろうな、
なにかすごく傷つく出来事もあったんだろうし、耐えられないものがあったのかもしれません。

それは本人にしかわからない事情ですが、理解していない周りの人から見ると、突然いなくなったように見えて、
謎に感じたり、人によってはショックや怒りを感じたり、なんで急に何も言わずにいなくなるの?と
不審に思ってしまいますよね。

人間関係を軽視しているように感じる

人間関係は、人生において重要なものです。人間関係リセット症候群に陥った人は、人間関係を軽視しているように感じられ、周囲の人は、人間関係を大切にしていない人だと思われ、失望感を感じてしまうことがあります。
人はけっしてひとりで生きているわけではなくて
色々な人達から支えられています。

今までの恩を忘れずに生きていきたいものです。

人を大事にする人は縁にも恵まれますが、人を大事にしない人は、
自分から離れていっているように見えて、周りからの信用も失い、いずれ誰もいない、、、
という寂しい老後を送ることになってしまいます。






Translate »
テキストのコピーはできません。