結婚しても忘れられない人がいる?

結婚しても忘れられない人がいるというのは、よくあることです。

恋愛とは、深い感情を交わすことであり、
その感情は簡単に消えるものではありません。

たとえ結婚をして、新しい恋愛をして、
家族を築いたとしても、忘れられない人がいることは珍しいことではありません。

恋愛感情は理屈ではなくて説明できるようなものでもなく、

好きになってしまった・・・というだけのものだからです。

周りの知人があの人はやめておけよ、というようなことを言ってきたとしても、
恋に落ちたものは仕方ありません。

好きなものは好きになってしまったので、それは変えることができません。

でも、別れなければならない事情があった・・・

忘れられない人がいる理由は、人それぞれです。

初恋の人、別れ方がきれいだった人、
自分を大きく変えてくれた人など、その理由はさまざまです。

忘れられない人がいることは、決して悪いことではありません。

むしろ、その人と過ごした時間や、
その人から学んだことを大切にすることで、自分を成長させることができるのです。

忘れられない人のことを思い続けることで、
現在のパートナーに不満を感じたり、家庭生活に支障をきたしたりすることもあります。

過去は過去、
どのみち終わる運命だった
と割り切ることです。

今現在パートナーがいるのなら、その人を大事にしなければなりません。

目の前にいる人も当たり前にいてくれるわけではなく、

信頼や愛情があってそばにいてくれる人です。

結婚しても忘れられない人がいるということは、
人生の豊かさを示す一つの形であると言えるでしょう。

その人を大切に想いながら、今の生活をより充実したものにしていくことが大切です。

忘れられない人のことを、ネガティブな感情で捉えないようにする。
忘れられない人のことを、自分の成長の糧として捉える。
現在のパートナーに感謝の気持ちを持つ。

うまくいかなかった人が結婚前にいたとしても不思議なことではありません。

今目の前にいるパートナー、旦那さんに対して、愛情を感じているなら、
それでいいのです。
日々、いてくれてありがとうと感謝の気持ちは忘れてはいけません。

なにより、今目の前にいる人が自分にとって大事な人であり、これからも大切にしていきたい人です。






Translate »
テキストのコピーはできません。