苦手な人がいる飲み会の断り方


苦手な人がいる飲み会を断るのは、正直な気持ちと
周囲への配慮をバランスよく伝えることが大切です。

状況や関係性に合わせた、上手な断り方をご紹介します。

1. 感謝と申し訳なさを伝える

まず、誘ってくれたことへの感謝と、
参加できないことへの申し訳なさを伝えましょう。

「お誘いありがとうございます! とても行きたいのですが、
どうしても予定が合わず参加できなくて本当に申し訳ありません。」

「せっかく声をかけていただいて嬉しいのですが、体調不良のため今回は遠慮させてください。」

2. 具体的な理由を伝える

「明日は早朝から重要な仕事があるので、今日は早めに帰宅して準備をしておきたいと思っています。」

「家族の介護が必要があり、夜遅い時間まで外出することができないんです。」

3. 代替案を提案する

どうしても断りたい場合は、
代替案を提案することで、相手への配慮を示すことができます。

「別の日にランチでもいかがですか?」

「参加できない代わりに、差し入れをさせてください。」

「二次会から参加させていただけたら嬉しいです。」

4. 角が立たない表現を使う

断る理由が本音で言えない場合は、
角が立たない表現を使うと良いでしょう。

「せっかくですが、今回は遠慮させていただきます。」

「申し訳ありませんが、今回は見送らせていただきます。」

5. 曖昧な表現は避ける

「また今度」や「考えさせてください」など、
曖昧な表現は相手に期待を持たせてしまうので避けましょう。

6. 早めに伝える

ギリギリになって断ると、相手が困ってしまうので、
できるだけ早めに伝えるようにしましょう。

7. 直接伝えるのが難しい場合は

直接伝えるのが難しい場合は、
メールやLINEで丁寧に断りましょう。

8. その後のフォローをする

断った後も、
相手との良好な関係を築くために、フォローを忘れずにしましょう。

「また別の機会にご一緒させてください。」

「お忙しい中、お誘いありがとうございました。」








Translate »
テキストのコピーはできません。