同窓会で見た目が変わりすぎて分からない人もいる?





同窓会。

年月が経ってから久しぶりの旧友と会うと、時が戻ったような気持ちにもなるものですね。

久しぶりに会う人って、親しい人であってもなんとなく緊張してしまうものです。

同窓会で誰かわからないという経験は、多くの人が経験するものです。

特に、卒業してから長い年月が経っている場合や、
学校生活であまり親しくなかった人の場合、誰だかわからないのは当然です。

共通の友達がいる場合は、そっと聞くのも一つの方法です。

本人に直接聞くのは気が引けるかもしれませんが、共通の友達なら
本人に伝えずに教えてくれるかもしれません。

昔の写真をSNSやアルバムなどで探し出し、
その人と見比べるのも効果的です。

顔つきや髪型、
服装など、何かヒントになるものがあるかもしれません。

どうしてもわからない場合は、本人に直接聞いてみるのが一番です。

誰だかわからない相手と無理に話を合わせようとすると、
気疲れするだけです。
相手が誰かわからない場合は、あえて会話を避けるのも一つの方法です。

同窓会といっても、多くの人が集まる場所だと、
昔親しかった人と話すことが多いものです。

あまり仲良くなかった人や知らないなと思う人と
話しかけに行こうと思う人はあまりいないものですね。

自分のことを話すことで、相手と少しずつ打ち解けることができます。
また、自分の話をすることで、相手が誰なのかを推測できるかもしれません。

同窓会は、久しぶりに会う同級生と楽しく過ごすための場です。
案外、はじめて会った気持ちで、気が合う人が見つかるかもしれません。

誰かわからない相手とうまくコミュニケーションが取れなくても、
あまり気にせず、自分のペースで参加しましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。