過去を思い出して苦しくなる時

過去を思い出して苦しくなるというのは、誰しもが経験したことのある感情です。

失敗した経験、辛い出来事、誰かに傷つけられた経験など、
過去に起こったことを思い出して、悲しみ、怒り、後悔、
不安などのネガティブな感情に襲われることがあります。

このような感情にとらわれると、今を生きることに支障をきたすこともあります。

仕事や勉強に集中できなくなったり、人との関わりを避けたくなったり、
ひどい場合にはうつ病などの精神疾患を発症する可能性もあります。

過去を思い出して苦しくなったときは、まず自分の感情を認めることが大切です。

自分が悲しい、怒っている、後悔している、不安を感じていることを、
ありのままに受け入れましょう。そして、その感情を吐き出すことも大切です。

誰かに話を聞いてもらったり、日記を書いたり、絵を描いたりして、自分の気持ちを表現してみましょう。

また、過去の出来事を客観的に捉え直してみるのも効果的です。

当時は辛かった出来事でも、今から振り返ると、
それほど大きな出来事ではなかったと気づくかもしれません。

また、当時の自分は、まだ成長途上にあり、失敗や傷つくことを
学ぶ必要があったのだと考えることもできます。

過去の出来事を受け入れ、自分を許すことができれば、
過去に囚われずに、今を生きることに集中できるようになります。






Translate »
テキストのコピーはできません。