いつまでもあると思うな親と金は誰の言葉?




「いつまでもあると思うな親と金」は、親やお金はいつまでも続くわけではないという戒めの言葉です。

親はいつかは亡くなり、お金も使い切ってしまえばなくなるものです。

そのため、親やお金に頼るのではなく、自ら努力して生きていかなければならないという教訓が込められています。

この言葉の作者はわかっていません。

また、このことわざは、倹約の大切さを説いた言葉としても解釈することができます。

親やお金に頼らず、自力で生きていくためには、お金を大切に使わなければならないからです。

このことわざは、現代においても、大切な教訓として受け継がれています。

親はいつまでも面倒を見てくれるわけではない。

お金はいつまでも残っているわけではない。

親やお金に頼らず、自力で生きていくためには、努力が必要である。

お金を大切に使うためには、倹約が必要である。

このことわざは、人生の教訓として、多くの人に伝えられています。

例えば、親が亡くなった時に、親に頼ってばかりで、

自立ができていなかった人は、困窮することになります。

また、お金を無駄遣いしていた人は、将来、経済的に困窮することになります。

そのため、このことわざを心に留め、親やお金に頼らず、

自立して生きていくための努力をすることが大切です。

最近では、いつまでもあると思うな親と推し、という言葉もあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。