人生は短いから不幸でいる暇なんてない?





ターシャ・テューダーの言葉
「人生は短いから、不幸でいる暇なんてない」は、
人生の短さを認識し、不幸でいる時間を無駄にしないようにしようという言葉です。

人生の長さは人それぞれですが、平均寿命は約80歳と言われています。

80年という時間は決して短くありませんが、
人生を振り返ったときに、不幸な時間を多く過ごしていたとしたら、
それはとても残念なことだと思います。

人生には楽しいことばかりではなく、
辛いことや悲しいこともたくさんあります。

しかし、そうしたネガティブな感情に流されてしまい、
不幸な気持ちに囚われてしまうことがないようにすることが大切です。

人生は短いから、できるだけ幸せな気持ちで過ごしたいものですね。

そのためには、不幸な気持ちをできるだけ早く取り除き、
幸せな気持ちになるための行動を起こすことが大切です。

好きなことや楽しいことをする
感謝の気持ちを持つ
他人を思いやる
自然と触れ合う

また、ターシャ・テューダーの言葉にもあるように、
自分の人生をしっかりと見つめ直すことも大切です。

自分が本当にやりたいことは何か、何を大切にしたいのかを
明確にすることで、人生の目標や生きがいを見出すことができるかもしれません。

人生は短いから、不幸でいる暇なんてありません。今を精一杯生き、幸せな人生を送りましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。