嫌な事から逃げ続けた結果の末路とは

嫌なことから逃げ続けると、そのことで自分を責め、
自己嫌悪や劣等感に陥ってしまいます。

逃げることで問題は解決されず、
むしろ悪化していくことに気がついているのに、
それでも逃げてしまうことで、自分の無力さを痛感するようになります。

嫌なことから逃げ続けると、周囲の信頼を失ってしまいます。
仕事や人間関係で嫌なことがあっても、逃げずに向き合う人は、
周囲から信頼されます。

逃げ癖がある人は、周囲から「頼りない」「責任感がない」と思われ、信頼を失ってしまいます。

しかし、例えば職場でパワハラ、モラハラで苦しんでいる。
長時間労働で過労死寸前、このままいても死ぬ、と思うくらいなら、辞めても良いと思います。

学校でも、命をかけてまで行くところでもありません。
よほど嫌なこと、苦しいことがあれば、とりあえず逃げても良いです。

学校などでひどいいじめなどを受けているのに、学校側からスルーされたり
なかったことにしているような状況では、その場にいないほうがまだマシです。

ただ、逃げた後、同じ目に遭わないようにするためにはどうしたらいいか
考えるべきです。

嫌なことから逃げ続けると、人生のチャンスを逃してしまいます。
嫌なことに立ち向かって乗り越えた人は、その経験を糧に、
さらに成長することができます。
しかし、逃げ癖がある人は、嫌なことに立ち向かうことを避け、その分、成長の機会を失ってしまいます。

仕事で失敗を繰り返す
人間関係でトラブルを起こす
恋愛や結婚がうまくいかない
健康を害する

嫌なことから逃げ続けることは、決して良いことではありません。
嫌なことから逃げずに、向き合うことで、人生はより充実したものになるでしょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。