嫌いな人を目で追う心理ってなに?




よく嫌いだと言いつつ、
相手をじろじろ見る人がいますが、
嫌いなら見なきゃいいのでは?
と不思議に思います。

嫌いなのに見る人の心理とはなぜなのか?

嫌いな人を目で追うのは、実は好意がある場合もあります。
相手をよく観察して、好きなところを見つけようとしているのかもしれません。

嫌いな人が自分にないものを持っていると、
嫉妬してしまうことがあります。

相手が幸せそうにしているのを見ると、
ついつい目で追ってしまうのです。

嫌いな人が自分に対して何か悪いことをしたとき
怒りを抑えきれずに目で追ってしまうことがあります。

相手に自分の怒りを伝えたい、
あるいは相手を威嚇したいという気持ちから、目が離せなくなるのです。

嫌いな人に対して恐怖を感じている場合、
相手から目を離したくなくて、
ついつい目で追ってしまうことがあります。

相手が自分を傷つけたりするのではないかという不安から、目が離せなくなるのです。

しかし、嫌いな人を目で追うのは、
いずれにしても相手に対する強い感情の表れであると言えます。

好きも嫌いも、同じ量のエネルギーですね。




Translate »
テキストのコピーはできません。