社交辞令を真に受けてしまう?人間不信になりそう・・・人を信用できない傷つく!!

社交辞令は、社会生活を円滑にするために用いられる、
本音とは異なる言葉や行動のことです。

例えば、初対面の人に「お会いできて光栄です」と
挨拶したり、仕事で失敗した人に「大丈夫、次頑張ろう」と
励ましたりするのは、社交辞令の例です。

社交辞令は、相手を気遣ったり、自分を守ったりするために用いられるもので、
必ずしも悪いものではありません。

しかし、社交辞令を真に受けてしまうと、
相手が本当にそう思っているのか、
それとも嘘をついているのか分からなくなり、
人間不信に陥る原因になることがあります。

例えば、仕事で上司から「君は期待しているよ」と
言われた場合、社交辞令と分かっていても、
本気で期待されていると信じてしまい、
プレッシャーを感じてしまうことがあります。

また、好きな人に「今度デートしよう」と言われた場合、
社交辞令と分かっていても、本当にデートしてくれると信じてしまい、
期待に胸を膨らませてしまうことがあります。

社交辞令を真に受けないようにするには

相手との関係性や状況をよく考える
相手の言葉の裏側にある意味を想像してみる
相手と直接確認してみる

社交辞令は、社会生活を円滑にするために必要なものです。
しかし、社交辞令を真に受けないように注意することで、人間不信を防ぐことができます。






Translate »
テキストのコピーはできません。