友達が不合格・・・受験落ちた人にかける言葉

受験に落ちると、悔しさや悲しみ、
不安など、さまざまな感情が湧きあがります。

まずは、その気持ちをしっかり認めてあげましょう。

「落ちてしまったんだね。悔しい気持ちになるよね」

「本当に頑張っていたのに、残念だったね」

などの言葉をかけてあげるとよいでしょう。

受験生の努力をねぎらう

受験に落ちたとしても、
受験生はこれまで努力を重ねてきたものです。

その努力をねぎらう言葉をかけてあげましょう。

「ここまで頑張った君を、本当に尊敬するよ」

「君の努力は必ず報われるよ」

「また新たな目標に向かって、頑張ってほしい」

などの言葉をかけてあげるとよいでしょう。

前向きな言葉をかけてあげる

受験に落ちたことは、人生の終わりではありません。
前向きな言葉をかけてあげることで、
受験生が再び立ち上がるための力を与えることができます。

「この経験をバネにして、さらに頑張ろう」

「他の道もあるから、可能性を広げてみよう」

などの言葉をかけてあげるとよいでしょう。

「君の努力は本当に素晴らしいものだった。次は必ず合格すると思ってるよ」

「この経験を活かして、もっと成長してほしい。君の応援をしてるからね」

もちろん、受験生の状況や性格に合わせて、言葉を選ぶようにしましょう。
また、無理に励ますのではなく、受験生の気持ちを尊重することが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。