遺伝子レベルで相性がいい異性とは・・・




遺伝子レベルで相性がいいとは、お互いの遺伝子の型が異なることを意味します。

具体的には、HLA遺伝子と呼ばれる、
白血球の表面にあるタンパク質の型が異なることを指します。

HLA遺伝子は、免疫システムの働きに重要な役割を果たしており、
異物や病原菌から体を守るために働いています。

そのため、HLA遺伝子の型が異なるほど、
お互いの免疫システムが互いに補い合うことができ、
より健康的な子供を産むことができると考えられています。

また、HLA遺伝子の型が異なるカップルは、
パートナーへの満足度が高いという研究結果も報告されています。

HLA遺伝子の型が異なるほど、お互いに惹かれやすく、
恋愛感情が持続しやすいのではないかと考えられています。

遺伝子レベルでの相性は、嗅覚によって判断できると考えられています。

HLA遺伝子の型が異なるほど、お互いの体臭が好ましく
感じるという研究結果が報告されています。

HLA遺伝子の型が異なるほど、免疫システムが異物や
病原菌から体を守るためにより効果的に働くことができるため、
体臭に含まれる免疫関連物質がより好ましく感じられるのではないかと考えられています。

遺伝子レベルでの相性は、結婚や子育てにおいて重要な要素の一つと考えられています。

遺伝子レベルで相性の良いカップルは、より健康的で幸せな家庭を築くことが
できる可能性が高いと考えられます。




Translate »
テキストのコピーはできません。