鶏もも肉400グラムは食べすぎ?太る?





400グラムの鶏肉は、大人男性の1食の適量の約2倍です。
鶏肉はタンパク質が豊富な食材ですが、食べ過ぎると
健康問題を引き起こす可能性があります。

内臓疲労:鶏肉に含まれるタンパク質は、体内で分解されるとアンモニアになります。
アンモニアは肝臓で無害な尿素に作り替えられますが、
過剰に摂取すると肝臓に負担がかかり、内臓疲労を引き起こす可能性があります。

尿管結石:鶏肉に含まれるプリン体は、体内で尿酸に変換されます。

尿酸は尿と一緒に排出されますが、過剰に摂取すると尿酸値が高くなり、尿管結石を引き起こす可能性があります。

便秘:鶏肉は脂質が少ない食材ですが、脂質は腸の働きを促進する働きがあります。

脂質の摂取が不足すると、腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こす可能性があります。

1食あたりの量を守る:鶏肉の1食あたりの適量は、大人男性で約200グラムです。

他のタンパク質源も摂る:鶏肉以外のタンパク質源としては、
魚、大豆製品、乳製品などがあります。

脂質を摂る:脂質は腸の働きを促進する働きがあります。
鶏肉以外にも脂質を含む食材を摂るようにしましょう。

水をたくさん飲む:水をたくさん飲むことで、体内のアンモニアや尿酸を排出しやすくなります。

軽い運動をする:軽い運動をすることで、血行が良くなり、体内の老廃物の排出を促進します。

鶏肉は栄養価の高い食材ですが、食べ過ぎには注意が必要です。

鶏肉は、100gあたり約234kcalと、牛肉や豚肉に比べて低カロリーな食材です。

そのため、ダイエット中にも比較的食べやすい食材と言えます。

しかし、鶏肉を食べ過ぎると、太る可能性はあります。

鶏肉は脂質も含んでいるため、食べ過ぎると摂取カロリーが増え、
太る原因となります。

また、鶏肉に含まれるタンパク質は、
体内で分解されるとアンモニアになります。

アンモニアは肝臓で無害な尿素に作り替えられますが、過剰に摂取すると肝臓に負担がかかり、
内臓疲労を引き起こします。内臓疲労になると、代謝が低下して太りやすくなります。

1食あたりの量を守る:鶏肉の1食あたりの適量は、大人男性で約200グラムです。

例えば、鶏肉の唐揚げなら、6個程度が目安です。

また、鶏肉の皮は脂質が多く含まれているため、食べ過ぎないようにしましょう。

鶏肉は栄養価の高い食材ですが、食べ過ぎには注意が必要です。




Translate »