風呂に入らないとどうなる?お風呂に毎日入りたくない?


お風呂に入りたくないと考える人がたまにいます。

冬の寒い時に服を脱ぐのが辛い

寒い時にお風呂に入るために、服を脱ぎ寒い思いをするのがいや・・・

仕事で疲れて帰った後、お風呂どころじゃなく疲れているなど、
いろいろな時がありますね。

お風呂に入らないとデメリットはいろいろあります。

皮膚に付着した汗や汚れ、皮脂が洗い流されず、ニキビや吹き出物、
毛穴のつまりなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

また、皮膚の乾燥や荒れ、角質の肥厚なども起こりやすくなります。

汗や汚れ、皮脂などが分解されることで、
体臭の原因となる物質が発生します。

風呂に入らないと、体臭が強くなり、周囲に不快感を与える可能性があります。

免疫力の低下

皮膚は、体内への細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割を果たしています。

風呂に入らないと、皮膚の汚れが蓄積されて、免疫力が低下する可能性があります。

ストレスの増加

入浴は、リラックス効果やストレス解消効果があるといわれています。

風呂に入らないと、ストレスが溜まりやすくなり、心身の不調につながる可能性があります。

お風呂に入らないデメリット

皮膚がベタベタする
肌がカサカサする
肌が黒ずむ
にきびや吹き出物ができやすい
体臭がきつい
汗をかきやすい
風邪をひきやすい
疲れやすい
イライラする

風呂は、毎日1回は入るのが理想的です。

忙しくて毎日入れない場合は、2日に1回は入るようにしましょう。

また、入浴時間は、10分程度を目安にしましょう。

入浴の際には、石鹸やボディソープを使って、全身をしっかりと洗いましょう。
また、湯船に浸かって、体を温めるのも効果的です。








Translate »
テキストのコピーはできません。