本ページにはプロポーションが含まれています

ダイエット中マクドナルドで太らないメニューはある?最近高くて食べられない・・・

シェアする





マクドナルドのメニューは、カロリーや脂質、糖質などの栄養成分が豊富で、ダイエット中は避けるべきというイメージがあるかもしれません。

しかし、マクドナルドには、低カロリーで太りにくいメニューもたくさんあります。




ダイエット中におすすめのメニュー

ハンバーガー(256kcal)
チーズバーガー(299kcal)
エッグチーズバーガー(310kcal)
チキンクリスプ(142kcal)

サイドメニューは、サラダやフライドポテトSサイズなどを選ぶと、
より低カロリーで太りにくい食事になります。

太りにくい食べ方のコツ

ランチに食べる
マクドナルドなどのファーストフードは、高カロリーで脂質が多いため、夕食に食べると、夜遅くに摂取したカロリーが脂肪として蓄積されやすくなります。そのため、ダイエット中は、ランチに食べることをおすすめします。

単品メニューを組み合わせる
セットメニューは、ドリンクやサイドメニューがセットになっているため、カロリーや脂質の摂りすぎに注意が必要です。単品メニューを組み合わせて、自分で好きなようにカスタマイズすると、より低カロリーで太りにくい食事になります。

お茶やコーヒーを選ぶ
マクドナルドのドリンクには、コーラやジュースなどの高カロリーなものも多くあります。ダイエット中は、お茶やコーヒーなどのノンシュガードリンクを選ぶとよいでしょう。

よく噛んで食べる


よく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防ぐことができます。また、よく噛むことで、唾液の分泌が促され、消化吸収を助けてくれます。

ほかの食事で調整する
マクドナルドで食事をしたら、ほかの食事で調整することも大切です。夕食は、野菜やきのこなどの食物繊維が豊富な食材を積極的に摂りましょう。

マクドナルドの価格は、近年上昇傾向にあります。ハンバーガーの価格は、単品で320円前後となっています。また、セットメニューになると、500円以上になる場合もあります。

マクドナルド高くなったけどたまには食べたい時

クーポンや割引を利用


マクドナルドでは、クーポンや割引を頻繁に実施しています。
10円20円の割引が大きいのですよね。
ハッピーセットなら、クーポンを使えば420円で食べられます。
チーズバーガーとチキンナゲットと選べるので、買いやすいです。

子供心を思い出すおもちゃもセットでついてきますが、
おもちゃが欲しくない時や絵本や図鑑を選べますね。

ダブルチーズバーガーやビッグマックも単品でクーポンを使えば、
500円以下で食べることもできます。

クーポンや割引を利用すれば、通常よりも安く食事を楽しむことができます。

ドリンクは、カロリーや糖質の摂取量を大きく左右する要素です。マクドナルドのドリンクは、コーラやジュースなどの高カロリーなものも多くあります。ドリンクをノンシュガーにすることで、カロリーや糖質の摂取量を抑えることができます。

セットメニューに含まれているサイドメニューは、カロリーや脂質の摂取量を増やす原因となります。サイドメニューを減らすことで、カロリーや脂質の摂取量を抑えることができます。




シェアする

Translate »