ロミオとジュリエットのあらすじを簡単に知りたい


ロミオとジュリエットは、ウィリアム・シェイクスピアによって書かれた悲劇です。

ヴェローナを舞台に、敵対する家系に生まれたロミオとジュリエットの
悲恋を描いています。

あらすじ

ロミオ・モンタギューはモンタギュー家の一人息子、
ジュリエット・キャピュレットはキャピュレット家の一人娘です。

両家は長年対立しており、街は常に緊張状態にありました。

ある日、ロミオは敵対するキャピュレット家の仮面舞踏会に忍び込み、

そこでジュリエットと出会います。二人は一瞬で恋に落ち、
互いに愛を誓います。しかし、二人の家は敵同士であるため、結婚することは許されません。

ロミオはジュリエットへの愛を貫くために、
ジュリエットの従兄弟であるティボルトと決闘し、彼を殺してしまいます。

その結果、ロミオはヴェローナから追放されてしまいます。

ジュリエットはロミオと離れ離れになることを悲しみ、
ロレンス神父の助けを借りて仮死状態になる薬を飲みます。

ロミオはジュリエットが死んだという知らせを受け、
ヴェローナに戻り、ジュリエットの墓の前で自ら命を絶ちます。

ジュリエットが目覚め、ロミオが死んでいることを知ると、彼のかたわらで自ら命を絶ちます。

登場人物

ロミオ・モンタギュー:モンタギュー家の一人息子。ジュリエットと恋に落ちる。
ジュリエット・キャピュレット:キャピュレット家の一人娘。ロミオと恋に落ちる。
ティボルト:キャピュレット家の従兄弟。ジュリエットの兄。ロミオと決闘し、殺される。
マキューシオ:ロミオの親友。陽気で軽薄な性格。ティボルトと決闘し、殺される。
ロレンス神父:ロミオとジュリエットの恋を助ける。
キャピュレット:ジュリエットの父。モンタギュー家を憎んでいる。
モンタギュー:ロミオの父。キャピュレット家を憎んでいる。

テーマ

ロミオとジュリエットは、愛と憎しみ、
運命と自由意志といった普遍的なテーマを扱っています。

ロミオとジュリエットは、世界中で愛されている作品であり、
多くの映画や舞台、音楽作品などに影響を与えてきました。








Translate »
テキストのコピーはできません。