鏡で見る自分と写真で見る自分、どっちが本当?


鏡で見る自分と写真で見る自分、どちらが本当の自分なのか、
気になりますよね。

若干違うのではないか??

とふと思うことありますよね。

結論から言うと、どちらも本当の自分です。

鏡で見る自分は左右反転されています。

多くの人が運転免許証の写真て取り直しができないし、
なんか、犯罪者っぽく見えるんだけど・・・

すごいいや、これで5年も過ごさなきゃいけないのかと落胆しますよね。

運転免許証が良く撮れたら最高すぎます。

証明の具合なんでしょうか・・

顔もびっくりしたような顔になったりして、すごい変です。あれは・・・

もしくは、シャッターを押すタイミングで目を閉じてしまい、
目がいつもよりも細く見えたりして・・・

もういやーー

あれは本人の写真じゃない( *´艸`)

ある場所で、美人さんがいたので、免許証を見せてもらったことがありましたが、
やはり、リアルの本人のほうが確実にきれいに見えました。

免許証だと、表情も悪く、残念ながら美人さんには見えませんでしたね。

実際のその方は、美人でしたが・・

写真と本人が違うってなんなんでしょうね・・・写真て・・

普段鏡で見る自分の方が慣れ親しんでいるため、
写真で見る自分の顔に違和感を感じてしまうことがあります。

一方、写真で見る自分は、他人から見られている自分に近い姿です。

しかし、カメラの角度や光の当たり方、
表情によっても見え方が変わってきます。

つまり、鏡と写真では見る角度や条件が異なるため、
同じように見えなくても当然なのです。

どちらの方が「本当の自分」と言えるかは、
見方によって変わってきます。

客観的に自分の顔を知りたい場合は、写真の方が参考になります。
普段見慣れている自分を知りたい場合は、鏡の方が近いと言えるでしょう。

大切なのは、どちらか一方だけが本当の自分ではないということを理解することです。

鏡と写真、それぞれの見え方の違いを理解することで、
自分の顔に対する捉え方が変わってくるかもしれません。








Translate »
テキストのコピーはできません。