飲食店の人手不足は自業自得なのか?




飲食店の人手不足が深刻化している原因

少子高齢化による労働力人口の減少
新型コロナウイルス感染症による休業要請や時短営業の影響
飲食店の働き方のブラック化や低賃金による労働意欲の低下

飲食店の働き方のブラック化や
低賃金による労働意欲の低下は、飲食店側の責任が大きいと言えます。

飲食店では、長時間労働や低賃金、サービス残業、
パワハラやセクハラなど、労働環境が悪いという問題が長年指摘されてきました。

こうした問題が改善されなければ、
労働者は飲食店で働きたがらず、人手不足は解消されないでしょう。

少子高齢化による労働力人口の減少は、飲食店に限らずあらゆる業種が直面する課題です。

また、新型コロナウイルス感染症の影響は、飲食店だけでなく、
他の多くの業種にも打撃を与えました。

こうした要因も考慮すると、飲食店の人手不足は、
飲食店側の責任だけでなく、社会全体の課題であると言えるのではないでしょうか。

飲食店の人手不足を解消するためには、
飲食店側が労働環境を改善するとともに、
社会全体で労働力人口の確保や働き方改革に取り組むことが重要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。