インスタは幸福度が下がる?SNSやらないほうが幸せになれるのか?


SNSやインスタグラムの利用が幸福度を下げるという
研究結果がいくつかあります。

1. 他者との比較

インスタグラムでは、多くの人が自分の人生で一番良い部分だけを投稿しています。

そのため、他人と自分を比べてしまい、劣等感や嫉妬を感じやすくなります。

私も、過去の同級生などのSNSはあえて見ないようにしています。
特に、過去好きだった人などのことは知りたくないので、みません。
本名でも絶対に検索しないですね。

人はSNSには
良いところや華やかなところしか見せないものだと思いました。

今日食べた美味しそうな食べ物や、外食に行ったところ、結婚式の写真や子供の写真
釣りなど旅行先で楽しそうに仲間といるところ、そうした楽しそうなところしか
見えないので、本当のその人についてはわからないことだらけです。

確かに、わざわざ人生の不幸な時や泣きたい出来事、辛いこと嫌なことを記録に残すのは、
誰もがしたいことではないので、楽しそうなところ幸せだった写真だけが残るのは
わかります。

2. 虚構の世界

インスタグラム上に見られる華やかな生活は、
実際には現実離れしていることが多いです。

そのような世界に浸りすぎると、現実への不満が募り、
幸福感が低下する可能性があります。

3. 承認欲求

いいねやコメントの数など、他人からの評価を気にしすぎると、
承認欲求が肥大化し、自己肯定感が低下する可能性があります。

4. 睡眠不足

寝る前にスマホを使うと、ブルーライトの影響で睡眠の質が低下します。

睡眠不足は幸福度を大きく下げる要因となります。

インスタグラムと上手に付き合うために

インスタグラムは便利なツールですが、使い方によっては
幸福度を下げる可能性があります。

利用時間を制限する
他人との比較をしない
虚構の世界に浸りすぎない
承認欲求をコントロールする
寝る前にスマホを使わない

また、インスタグラム以外にも、
現実世界での充実した活動を増やすことで、幸福度を高めることができます

SNSをやらない方がいいかどうかは、人と使い方によって異なります。

SNSをやらないメリット

他者との比較や承認欲求から解放される
情報過多を防ぎ、集中力が高まる
現実世界での人間関係を重視できる
時間や精神的な余裕が生まれる

SNSをやらないデメリット

情報収集や友人との交流の機会が減る
トレンドや話題についていけない
孤独感を感じやすくなる

SNSと上手に付き合うために

利用時間を制限する
自分の興味に合った情報だけを見る
他人との比較をしない
承認欲求をコントロールする
寝る前にスマホを使わない

SNSの良い点があるなら、早く知りたいことを知れるところ
それからSNSでしか知り合うことのできない出会いたいと思う人や
面白い人と巡り合えることですね。

世の中には、面白い人や素晴らしい人はたくさんいるのだと思います。

そうした人ともしかしたら、リアルでも繋がれるかもしれないし
SNSを通してだけでもその人の考えを知ることができる点は楽しいです。

SNSは便利なツールですが、使い方によってはデメリットもあります。
自分の性格や生活スタイルに合わせて、上手に付き合うことが大切です








Translate »
テキストのコピーはできません。